ドル円/USDJPY

ドル円順張りの押し目買いで30分で19万円勝ったデイトレ方法

ドル円順張り押し目買い

ドル円5分足、上昇トレンドの終盤、安倍首相が28日に記者会見を開く予定とのニュースで10ピプスの急落。1分足をみて急落が落ち着いたところで、10ロットを2回ロング。およそ30分後、高値付近で上ヒゲをつくったところで逃げのチキン利食いで19万円の利益確定したトレードです。XMのレバレッジ888倍だと今回のドル円トレードのように、1回30分だけのトレードで残高14万円を33万円に増やすこともできます。

エントリー根拠

ドル円1分足 順張り押し目買いポイント

ロンドン時間の上昇トレンドは仕事中だったためにトレードできずにいたので、下落調整したところでの押し目買いを狙っていました。

すると21時頃、10pipsの急落。何かあったかなとツイッターを探ったところ、安倍首相が28日に記者会見を開く予定とのニュースで急落した様子。

しかし、強い上昇トレンドだったのですぐに押し目になると思ったので、フィボナッチリトレースメントの50%ラインで、1分足で下げ止まったことを確認して、1つめの10ロットロング。様子をみて上への勢いが強いと感じたので、2つめの10ロットロング。証拠金維持率は200%程度で、10pips逆に動いたら即強制ロスカットのリスクではありましたが、上昇する確率の方が高かったために、強気のロングをぶっこみました。少ない資金でハイレバレッジのトレードで稼いでいくには、こうした勝ちやすい時に思いっきり勝負することが大事になります。

利益確定の根拠

二つのポジションともに、4pipsの含み益になったところで、それぞれ建て値にストップ(決済逆指値)を入れて、戻ってきたとしてもプラスマイナスゼロで終われるようにして、利益を伸ばす手法です。

ハイレバレッジのトレードで、負けないための手法として「建値ストップ(決済逆指値)」を必ず入れます。4pipsしか猶予はないので戻って決済される可能性は高いですが、フルレバレッジの損切りは致命傷になるので、極力リスクを減らして戦いをします。4pipsの建て値に戻らずに利益確定できればラッキーくらいな感覚で、毎回利食いできることを期待しすぎないように、建て値決済されても落ち込まないようにできるだけメンタルを整えています。

なぜ4pipsなのかというと、XMの仕様としてドル円は、建て値から現在値まで4pipsの開きがないと決済逆指値を入れられないからです。スプレッドを加味するとおよそ6pipsの開きが必要になりますが。

上昇トレンドにのって、寝ロングして利益を最大限に伸ばしたいところですが、22時に経済指標の発表があること、ロンドン時間で60pips上昇してしまっていること、ドル円は戻りやすい、5分足で上ヒゲをつけたことを理由に、逃げのチキン利食いで利益確定しました。30分で19万円の利益なので、まあ良しとしましょう。

ドル円利益確定

20ロットのポジションなので50pipsで100万円、100pipsで200万円の利益になります。毎日それを狙っているのですが、最近はなかなか1回のトレードで100万円、200万円をとることができていません。

ですが、タイミングさえ合えば、取れないことはないので、あせらずに、こつこつと狙っていきたいと思います。

今回は1回のトレードで残高14万円で19万円を稼いだのですが、XMのレバレッジ888倍を使ったFXトレードではこれが日常になります。

ぜひ少ない資金から、1回のトレードでも大きく資金を増やしていきたい方はXMでレバレッジ888倍のトレードをおすすめします。ぜひ試してみてください!