XM(エックスエム)

海外FXはお勧めなのか?海外口座を使うメリット

海外FXはおすすめ?海外口座を使うメリット

副業としてFXを始める人も多いのですが、最初の段階で二択があります。
それは国内のFX業者を使うか、海外の業者を使うかです。
当然国内のFX業者を利用する人の方が多いのですが、最近では海外の業者を使う人も増えてきました。
そこでXMを初めとした海外の口座を、利用するメリットについて考えてみます。

XMの口座開設の流れや必要なもの、注意点などを徹底解説【簡単3分】

海外FX会社を選ぶメリットについて

海外FXを使う最大のメリットは、やはり高倍率のレバレッジです。
日本国内のFX業者は金融庁の認可を受けるのにあたって、レバレッジは最大で25倍と制限を加えられています。
そのため軒並みレバレッジの倍率が抑えられているのです。
対して海外FXでは、レバレッジの規制がありません。
最低でも100倍程度はありますし、多いところだと1000倍のレバレッジをかけることも可能です。
確かにリスクを低減させることはできますが、自己資金が少ないと大きな取引はできません。
これが如実にでているのが、ロット数です。
ロット数とは通常取引する通貨量を指していて、日本国内では少し前までは1万通貨単位が当たり前でした。
ですが海外のFXでは、10万通貨が一般的となっています。
この違いについては、具体的に数字を入れてみるとわかりやすいです。
仮に米ドル/円の相場が100円だとしましょう。
この時に1ロットが1万通貨なら100万円が必要です。
レバレッジが最大25万円なので、自己資金としては最低4万円必要となる計算となります。
対して1ロットが10万通貨だとすると、1000万円が必要です。
ですがXMを例にとると、レバレッジは最大888倍なので2万円の資金があれば取引ができます。
取引する通貨量は10倍であるのに対して、最低減必要な自己資金は半分ですむのです。
これが高レバレッジの威力だと言えるでしょう。

海外FXのポイント
  • 海外FXは規制がないため高レバレッジが利用できる
  • XMだとレバレッジは最高888倍
  • より少ない資金で多額の取引ができる

以上が高レバレッジのメリットです。

XMの口座開設の流れや必要なもの、注意点などを徹底解説【簡単3分】

追証なし、ゼロカットだから高レバレッジでも安心

ただ高レバレッジであることは、利益を出せた時はよくても相場が逆行した時には損失が広がります。
副業でFXをする人にとって、最も避けたいのが利益を出すよりも借金を増やしたくないということでしょう。
国内のFX業者の場合だとロスカットという安全措置はありますが、相場の急変などがあった場合は、口座の資金以上の損失がでることがあるのです。
その場合は口座がマイナスとなってしまい、借金したことになります。
この借金の返済は原則として一括払いです。
他方の海外FXでは、追証なしのゼロカットシステムが導入されています。
ゼロカットシステムとは、口座が仮にマイナスとなっても借金にはならないということです。
口座の資金がゼロになることはあっても、マイナス分はFX会社が損失を補填してくれます。
つまり高レバレッジでの取引で損失がでても、最悪は口座のお金がなくなるだけですむのです。

海外FXは注文方法が違う

なぜこうした措置をとっているのかですが、それは注文方法による違いがあります。
海外FXではNDD方式を採用しているのがほとんどです。
NDD方式とは投資家からの注文を自社で呑むことをせず、市場にそのまま流す方式を指します。
FX会社としては利益を出すのが、スプレッドのみとなるのです。
これを言い換えると、投資家にトレードをしてもらうほど、利益が出せるということです。
ですが海外FXは高レバレッジが魅力だと言えます。
仮に日本国内のFX業者のように、損失がでた場合に最悪は借金になるとわかっていたら、投資家としては積極的に投資ができません。
だからこそ海外FXではゼロカットシステムを導入しているのです。
損失が出たとしても、最悪は口座の資金を失うだけですむのであれば、積極的に高レバレッジの取引ができるためです。

注文方法の違いからくるFX会社の特徴について

この投資家に積極的にトレードをしてもらうというのが、海外FXでは国内FXにはないサービスにつながります。
その代表的なものがボーナスの存在です。
国内FXでも行っている業者はありますが、その額は微々たるものだと言えます。
なぜなら海外FXの場合は入金ボーナスでも、10万円までなら100%還元などを行っているのです。
このボーナスは出金できずに、トレード資金とできます。
つまり10万円の入金が20万円になるのと同義です。
他にも口座を開設するだけでボーナスがついたり、取引回数や日数によるランク制の導入もあります。
ランクが高くなるほどトレード1回に対するポイントが多くつき、そのポイントはトレード資金として活用できるなどです。
このように入金以外にもトレードに利用できるボーナスが豊富で、投資家が取引しやすい環境を作っています。

海外FXではMT4・MT5が利用できる

最後に紹介するのが海外FXの取引プラットフォームは、メタトレーダーが標準であることです。
国内のFX業者の場合は多くが自社の取引ツールを提供していて、業者ごとにツールの使い勝手が異なります。
ですが海外のFX業者は自社ツールではなく、信頼と実績があるメタトレーダーを標準ツールとしているのです。
ほぼMT4に対応しており、一部の業者ではMT5にも対応ずみです。
国内のFX業者であれば、ごく一部しか対応していません。
メタトレーダーは世界で最も利用されているプラットフォームで、豊富なインジケーターなどが魅力です。
無料で公開されている便利なツールやインジケーターも多く、情報も多く出回っているのが特徴だと言えます。
これからFXを始める人にとっても、使い方に迷ったとしても調べれば直ぐに情報がでてくるのは魅力的でしょう。
またMT4を使う理由として、システムトレードもあげておきます。
いわゆる自動売買のことになるのですが、実績のあるプログラムを利用すれば初心者でも手軽に投資ができるのです。

海外FX会社を使うメリットまとめ

XMを初めとした、海外のFX会社を使うメリットについてでした。
国内のFX業者と最も異なる点としては、レバレッジの倍率に制限がないという点です。
国内の業者は金融庁の認可を受ける必要があるので、レバレッジは25倍という制限がかかっています。
ですが海外のFX業者には制限がないため、XMは最大で888倍というレバレッジを使うことができます。
また高レバレッジの取引で怖いのが、損失がでた時にマイナスになるリスクでしょう。
このリスクについては海外のFXでは、ゼロカットシステムといって口座の資金がなくなるだけですむ制度を導入しています。

XMの口座開設の流れや必要なもの、注意点などを徹底解説【簡単3分】