GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREXで260万円を楽天銀行出金した結果、出金拒否されず無事出金!

GEMFOREX出金

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で260万円を一括で楽天銀行へ日本円出金した結果、出金拒否されることなく36時間で出金できました!早くて安心ですねGEMFOREX。しかも手数料無料です。海外FXの心配な点は資金を出金できるかだと思います。GEMFOREXは問題なく出金できるので、安心して使える海外FX口座だと言えます。今回は楽天銀行に260万円を出金した詳細や日本円出金時の注意点やコツをご紹介したいと思います。

早い出金だから安心、便利

GEMFOREX出金GEMFOREX(ゲムフォレックス)のマイページから日本円を楽天銀行に出金依頼を出してから、およそ36時間後に楽天銀行に入金されました。銀行出金の時間経過は以下になりますが、なによりも早いのが便利で安心ですね。

銀行出金の時間経過
  1. 2020年12月9日(水) 20:07 マイページで出金申請→メールで出金依頼URL確認
  2. 2020年12月9日(水) 20:08 出金リクエスト承認
  3. 2020年12月10日(木) 10:39 出金手続きが完了
  4. 2020年12月11日(金) 08:37 楽天銀行に260万円着金

マイページから出金申請をすると、登録のメールアドレスに出金申請確認のURLが送られてきます。URLをクリックすることで正式に出金申請が完了するという流れです。このメールでの出金URL確認を行っているということは、不正出金を防ぐためのセキュリティが対策されていると分かりますので安心できるポイントです。

楽天銀行での着金時も海外送金時の余計な手続きや手数料もかからず、国内送金と同様の扱いのような感じで普通に260万円が振り込まれました。今回260万5千円を出金していたのは、5千円くらい手数料で取られるかなと思ったのですが、GEMFOREXの出金時、楽天銀行の入金時の両方で手数料が無料でした。楽天銀行の入金時に手数料が発生すると思っていたのですが、海外送金扱いではなく送金代行会社が入っているから国内送金になっているのだと思います。

出金の振込者名義は送金代行会社

GEMFOREX出金

楽天銀行に振り込まれる時に記載される振込者名義は「カ)シグネチヤーソリユーシヨン」でした。GEMFOREXが直接振り込みをしているのではなく、送金代行会社を利用しているということです。
カ)シグネチヤーソリユーシヨン
ド)エスカリエ
のいずれかになるとメールに記載があります。
私の場合、最初に5000円のテスト出金の時はド)エスカリエ、260万円の出金本番の時は「カ)シグネチヤーソリユーシヨン」でした。
出金金額によって使い分けられているのだと思います。

どちらにせよ、送金代行会社を利用しているので、海外送金という形になっていないのだと思います。海外送金だと楽天銀行で着金の時に、余計な手数料や手続き、時間がかかり面倒なので、利用者にとっては非常に便利です。

日本円出金は銀行出金のみ対応

GEMFOREXでの日本円出金は銀行出金のみになります。入金時に銀行入金、クレジットカード入金、デビットカード入金に関わらず、日本円の出金は銀行出金のみの対応となるようです。
今回私が260万円を出金したケースでは、70万円を銀行入金、50万円をクレジットカード入金していたのですが、260万円すべて一括で楽天銀行に出金できたということです。

他の海外FXだとマネーロンダリング対策として、クレジットカードやデビットカードで入金された金額は、入金元のカードに返金という手続きになるのですが、GEMFOREXは銀行出金に対応しています。まあ、そのうちGEMFOREXもマネロン対策で入金元のカードに返金という形になると思いますが。

出金時の注意点とコツ

初めてGEMFOREXで日本円を銀行出金する時には、最低限気を付けるべき注意点とちょっとしたコツがありますのでご紹介します。

出金時の注意点:必ず小額テスト出金をすること

初めてGEMFOREXから日本円を銀行出金する時は、必ず、少ない金額で出金できるかをテストしてから本番の出金申請をするようにしてください。
私はまず5000円をテストで出金し、無事に楽天銀行に着金したのを確認してから260万円の出金申請を行いました。いきなり大金を出金するのは非常に危険ですのでご注意ください。

出金時のコツ:出金申請の間隔は24時間空ける

テスト出金してから次の出金依頼を出すまでに、24時間空けるようにしてください。1日で2回目の出金には出金額の2%の手数料が発生します。GEMFOREXの公式では以下のように紹介されています。

24時間以内に2回以上のご出金をいただく場合は、都度、出金額の2%(20万円以下は一律4500円 ※USD口座の場合には45USD)を頂戴いたします。

この手数料は非常に痛いので、計画的に24時間を計算して出金の段取りをしましょう。例えば本番の出金を金曜に銀行に着金させたいのであれば、水曜日には出金申請する必要があります。そこから逆算して2日前の月曜日にテスト出金申請する、というようにしましょう。明日現金が必要だ!といっても、すぐには出金されませんので注意が必要です。私の場合は36時間で入金されましたので、基本的には2〜3営業日をみておくと良いでしょう。

出金時のコツ:楽天銀行の記載内容

下記を参考に、ご自身の口座内容に合わせて書き換えてください。こちらの記載内容を入力しないでくださいね。出金できませんので、あしからず。グーグルで「楽天銀行 英語」などで検索して調べてからご記載ください。

楽天銀行の登録例

銀行名:RAKUTEN BANK
支店名:OPERA
口座番号:1234567
口座名義:YAMADA TARO
銀行コード:0036
支店コード:205
スイフトコード:RAKTJPJT
お客様現住所:1-23-4,EBISU,SHIBUYA-KU,TOKYO,1001234,JAPAN
銀行所在国:JAPAN
銀行住所:1-14-1 TAMAGAWA, SETAGAYA-KU, TOKYO, JAPAN
→2020年7月東京都港区に移転していたみたいですので、ご自身でご確認ください。

追加口座に出金用資金を移動

GEMFOREX出金

GEMFOREXでは追加口座を4つ保有することができます。
私は日本円口座(オールインワン)2つ、日本円口座(ノースプレッド)1つを保有しています。今回は出金用にオールインワンのひとつの口座に260万円を移動させて、まとめて銀行出金することにしました。ノースプレッド口座にはトレード用で32万円だけ残しました。

オールインワン口座では100%入金ボーナスや200%入金ボーナスを利用して、小資金でもボーナスを利用して証拠金を増やしてロットを上げてトレードして稼ぐ。ノースプレッド口座ではスプレッドが狭いので、コツコツとスキャルで稼ぐ、みたいに口座を使い分けてトレードすることができます。

稼いだ利益はどちらかの口座に資金移動して一緒に日本円を楽天銀行のい出金するということができます。追加口座は口座ごとに役割をもたせて使うと資金も増えやすくなると思います。

ぜひ、日本円の銀行出金も出金拒否されることなく、安心安全に出金することができるGEMFOREX(ゲムフォレックス)でレバレッジ1000倍の稼ぎやすいトレードを試してみてください!