FXSuitでは追証なし!ゼロカットに関する設定についてまとめています

これからFXを始める人にとって、最も心配なのが資産を増やすのではなく逆に借金を負うことです。
この借金に関わるのがゼロカットや追証といったシステムです。
ここではFXSuitの例を出しながら、追証やゼロカットについて解説していきます。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXで借金ができる理由について

そもそもFXで借金とは、どういうことなのでしょうか。
大きく分けると2つの事例が考えられます。

1つは銀行からの振り込みではなく、クレジットカードを利用しているケースです。
この場合は厳密には借金と異なるのですが、実際の支払いをするまでにタイムラグが出てしまいます。

もう1つはFXの取引をしたものの相場が思い通りに動かず、追加証拠金の入金が請求されるパターンです。
この2つの内、圧倒的に多いのが後者になります。
追加証拠金のことは追証とも言うのですが、実は海外のFX会社を利用すればリスクがほぼなくなるのです。

追証が請求されるケースとは

では最初に追証が請求されるケースを検証します。
これも大きく分けると、2つのパターンが考えられるのです。
証拠金維持率を割りそうな場合の追証と、証拠金以上の損失がでた時の追証になります。
前者から解説をしていきましょう。

FX取引では口座に預けたお金は、証拠金として扱われます。
そして証拠金維持率というのは、預金に対するポジションの割合を指すものだと考えてください。

仮に証拠金維持率が50%だとして、100万円のポジションを保有していたとしましょう。
この時には最低でも口座に50万円がないといけません。

ですが相場の変動によって損失がでてしまった場合、50万円では不足してしまうのです。
つまり証拠金維持率が50%を割ることになるので、追加で証拠金を入金してくださいとなるのです。ここで発生した追証を指定期日までに入金すれば、そのままポジションが保有できます。

反対に入金ができない時は、ロスカットといってポジションを強制的に決済されてしまうのです。
これはトレーダー側が、過度の損失を出さないための措置となります。

つまりロスカットされたくないのなら、追証を入金するしかありません。
ですがこのパターンでは損失が出たとしても、借金になることもないのです。

口座がマイナスになるのは重大な事件の時?

副業でFXをする時に借金が怖いと感じる人は、もう1つのパターンである証拠金以上の損失がでた時に注意が必要です。
ですが先述したように証拠金維持率とロスカットというものがあるため、借金は発生しないではと疑問に思う人もいます。

確かに理論的にはそうなのですが、正常に作動しない場合もあるのです。
それはどういう場合なのかと言うと、相場が急激に動いたというようなケースです。
近年起こった事例をあげると、リーマンショックや東日本大震災などが有名でしょう。
他にもスイスフランショックや、ギリシャショックなどがあります。
世界的な規模でインパクトのある災害や金融事故などが起こってしまうと、一気に相場が動くのです。

ふだんの相場程度ならロスカットも正常に動作しますが、このような場合はロスカットが動いても大きくズレてしまいます。
結果として自身の証拠金を超えるような、借金ができてしまうのです。
この借金ですが、実は一括返済が基本となっていて分割払は認められていません。
その結果数千万円の借金を抱えてしまったなどの、ニュースが報道されたりするのです。

ネガティブ・バランス・プロテクションとは

ここまでFXにおける追証やロスカット、借金ができる仕組みについてお伝えしてきました。
この情報が機能するのは、国内のFX業者になります。

FXSuitなどの海外の業者では、借金ができない仕組みなのです。
例えばfxsuitではネガティブ・バランス・プロテクションというシステムが導入されています。
このシステムの良いところは、追証や借金が発生しない点です。
そもそも高レバレッジの取引をしていると、先ほど伝えたほどの相場の動きではなくても、借金ができる場合があります。

ですがfxsuitでは追証が発生しないので、借金そのものもありません。
取引上一時的に口座残高がマイナスになることはあります。
しかしマイナス分が請求されることもない形です。
ただし口座に預金していた証拠金はゼロになります。
つまりfxsuitを利用している場合は、相場の急変があっても最悪は口座がゼロになるだけですむのです。
このシステムを一般的にはゼロカットと呼んでいます。

FXSuit追証なしのポイント
  • FXSuitではネガティブ・バランス・プロテクションが導入されている
  • ハイレバレッジの投資でもマイナス分を補填してくれる
  • 口座がゼロになっても借金にはならない

これがFXSuitの採用しているネガティブ・バランス・プロテクションの概要となります。
FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

追証なしのゼロカットを導入している理由

ではどうしてFXSuitを初めとした海外FX会社は、ゼロカットを導入しているのでしょうか。
これは注文方法に違いがあります。

海外のFX会社の多くはDD方式といって、投資家の注文はそのまま市場に流すようにしているのです。
その分スプレッドを広くとって、トレーディングの回数が多いほど利益を得られる形になっています。

またレバレッジの倍率も高めの設定としているため、追証の請求があるとなると取引に悪影響が出てしまいます。
借金になるリスクがあるのなら慎重なトレードが増えますので、FX会社にとってはビジネスの機会を損失してしまうのです。

そのため顧客のマイナスとなる損失は、自社で肩代わりをしても萎縮することなく取引をしてもらいたいと考えます。
そのためネガティブ・バランス・プロテクションのようなゼロカットシステムを、積極的に採用しているのです。

対して国内のFX業者はNDD方式を採用しているため、スプレッド以外にも利益を出す方法があります。
そのためゼロカットシステムを採用する意味がありません。
結果として個人投資家が、大きな損失を出すケースもありました。
特に東日本大震災の時には、25億円もの追証が発生したことがあり、かなり問題視されたのです。

FXSuit追証なし、ゼロカットまとめ

FXSuitにおけるゼロカットについてでした。
FXの取引においては投資家を守るための措置として、ロスカットというシステムがあります。
これは損失が膨らみきる前に、ポジションを強制的に決済するシステムです。

ですが世界的にインパクトがある災害などが起こると、相場が急激に動くことでロスカットが正常に機能しません。
そんな時に追証を発生させないのが、ゼロカットになります。
fxsuitではネガティブ・バランス・プロテクションが採用されていて、最悪のケースでも口座の預金がゼロになるだけですむのです。