FXSuit

FXSuitは出金できる?主な出金方法と注意点

FXSuit出金方法と注意点

海外のFX会社であるFXSuitが月利15%のさんすくみスワップ投資などで話題になっています。
海外のFX会社を使う時には、スムーズに出金できるのかを確認する必要があります。
そこでFXSuitの主な出金方法と、注意点を解説していきます。

FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】FXSuitは世界各国で個人投資家はもちろん、機関投資家の方に信頼されている国際的なオンライン取引ブローカーです。日本では月利15%の3...

FXSuitの出金方法について

FXSuitの出金方法は主に3つです。
クレジットカード/デビットカードか、仮想通貨か、国内銀行への送金か、のいずれかを選択します。
もう1つオンライン払いというものもありましたが、現在は利用不可となっているので、ここでは解説をしません。

出金をする時にはマイページにある出金の欄から行うのですが、fxsuitでは独自のルールがあります。
それは初入金から6ヶ月以内のアカウントで、口座のお金を引き出そうとする場合は、3割の手数料が請求される点です。(現在出金手数料を無くす方向で検討しているようです)つまり30万円の出金をしようとしたら、10万円請求されます。
非常に高い手数料となるため、できるだけ初入金から6ヶ月の間は避けた方がいいでしょう。

FXSuit出金のポイント
  • FXSuitの出金方法は、仮想通貨、国内銀行、クレジットカードの3つがある
  • 入金から6ヶ月以内の出金には、3割の手数料がかかる

この2点には注意してください。

FXSuitにおける出金時の注意点

基本的にfxsuitだとスワップポイント狙いの人が多いです。
これはSNSで話題になっている、スワップポイントを使ったアービトラージができるためです。
スワップポイント狙いの場合は、原則として長期間の取引をすることになるので、よほどのことがなければ引き出す意味もありません。

出金の時に注意したいことは、他にもあります。
それは取引によって得た利益は、銀行送金のみ出金可能な点です。
では入金した額は引き出せないのかと言うと、そうではありません。
クレジットカード/デビットカード、仮想通貨のいずれかでも出金ができます。
ただしこれらの方法では、入金額のみの対応となるのです。入金額以上の利益に関しては、別で銀行振込によって受け取ることができます。

銀行振込の場合なら入金額だけではなく、利益も一緒に受け取れます。
なぜこのような対応をしているのかと言うと、マネーロンダリング
を防止するためです。
ですので実はfxsuitだけではなく、海外のFX会社の多くはこうした出金への制限を設けています。
もう1つ気をつけたいのは、ポジションの保有状態でも出金はできるのかという点です。
結論からお伝えすると、問題なく利用できます。
ただし口座から出金しすぎると、ロスカットの問題が発生します。
そのため証拠金維持率を考えながら、出金を依頼してください。
仮に出金をしたことで、証拠金維持率が20%を切るようであれば、処理が完全にできません。
そうした場合は口座のお金を入れるか、ポジションを決済する必要があります。

FXSuitでは出金できない事例がある?

SNSなどでfxsuitを見ていると、出金ができないケースもあるようです。
よくあるのが勘違いをしている場合です。
例えばクレジットカードからの出金を選択した場合、先ほどもお伝えしたように入金額までしか出金できません。これは他の海外FX会社のXMであっても同じです。
利益分の出金は銀行振込のみとなるのですが、この点を勘違いしているケースも多いのです。
クレジットカードでの出金は完了も早いため、利用する人が多いのですが利益の出金はできません。
また似たようなケースでは、ボーナスの出金があります。
FXSuitでは現時点でボーナスはありませんが、過去に行っていたため保有している人は出金不可です。
投資のための資金とすることしかできませんので、この点を勘違いしていると出金トラブルになります。
ただこれは運営会社の方でも公式に発表しているものなので、投資家の方が間違っているパターンです。

出金できない場合は口座が休眠の可能性がある

海外のFX会社では取引のない口座は、休眠口座として扱われることがあります。
休眠口座になるとトレードだけではなく、出金もできなくなってしまうのです。
この場合は運営に連絡をすることで、休眠を解除してもらうことができます。
ただ休眠状態になるまで、どの程度の期間取引していないかは、各FX会社で異なる形です。
fxsuitでは公式に発表されていませんが、もし出金ができない時は口座が休眠している可能性もあります。
意外と海外のFX会社は国内の会社とは異なる部分も多いので、意外なところで引っかかることもあるのです。
他にも禁止されている取引をするなども該当します。
業者によって何が禁止行為にあたるのかは変わるのですが、異なる業者間での両建てなどは禁止であることが多いです。
こうしたトレードルールに反した場合は、休眠口座となったり出金拒否になるケースもあります。

FXSuitの出金時のルールを確認しよう

fxsuitでは自社内のアービトラージを認めています。
基本的にサヤ取りとなるアービトラージは認められていないケースがほとんどですが、fxsuitはその例外にあたるのです。
SNSではこの取引方法が話題になっていて、ローリスクでスワップポイント狙いの投資ができます。
そのため出金をする時には、きちんとルールに従っておくべきです。
せっかくのスワップポイントも、出金拒否にあってしまったり口座が凍結されると意味がなくなります。
海外のFXでは同意書を読まずに、登録してしまう人もいます。
ですが英語がわからなくても、翻訳サイトなどを利用すればある程度の概要はわかるはずです。
そのためしっかりと内容を把握した上で、口座を開設する必要があります。
後から知らなかったでは対処できないこともあるので、わからないことや疑問点はサポートに連絡をして回答をもらってください。
fxsuitは日本語でのサポート対応もしていますので、日本語で質問をしても問題ありません。
日本人が海外のFX会社を利用することの壁の1つが言葉です。
ですがfxsuitでは、その点をクリアしています。

FXSuit出金のまとめ

FXSuitの出金に関する情報のまとめでした。
FXSuitでは主に3つの出金方法があります。
クレジットカード/デビットカード、仮想通貨、銀行振込です。
この内で銀行振込以外の出金方法は、入金額しか出金ができません。
利益部分を出金できるのは銀行振込のみです。
この部分は勘違いをしてしまう人も多いので、出金をする時には注意が必要です。
またfxsuitでは6ヶ月以内の出金については、3割の手数料がかかってしまいます。
この手数料は非常に大きいので、最低でも6ヶ月は出金をしない方がいいでしょう。
ちなみにfxsuitでも出金拒否された例があるのですが、その多くが投資家側の勘違いによるものです。
そのため出金をする前にはルールをきちんと把握して、ミス無く行うようにしてください。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧に【2020年最新版】FXSuit のリアル口座開設方法を詳しく解説します。 FXSuitの口座開設に必要な時間は最短5分程度。 月利15%を稼げるスワッ...
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】FXSuitは世界各国で個人投資家はもちろん、機関投資家の方に信頼されている国際的なオンライン取引ブローカーです。日本では月利15%の3...