話題のFXSuitとはどんなFX取引会社なのか?徹底追及しました!

最近SNS上などで話題になっているのがFXSuitです。
海外のFX取引会社の1つで、アービトラージを使ったポジションを保有することで、スワップポイントで稼げると話題になっています。
そこでFXSuitとは、どんなFX取引会社なのかを検証してみました。
[btn class=”rich_green”]FXSuitの口座開設はこちら[/btn]
FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitとはどんな会社なのか?

では基本的な部分から確認をしていきます。
FXSuitとはバミューダの金融ライセンスを取得したとされる、取引会社です。
レバレッジは最大で500倍で、FXも含めて200種類以上の金融資産が取引できるのを売りにしています。

国内のFX業者では最大レバレッジが25倍に規制されているため、ある程度の資金がなければ、大きな取引ができません。
ですがFXSuitであれば500倍もの倍率がかけられるので、少額の資金でも十分な取引ができます。

仮に1万円の資金があれば、500万円もの取引が可能です。
このレバレッジと連動して、ネガティブ・バランス・プロテクションを採用しています。
あまり聞き馴染みがない言葉かもしれませんが、端的にお伝えするとゼロカットのことです。

あるポジションを保有していて、それが仮に損失を出したとします。
この時に証拠金維持率を割ったとしても、追証が発生しません
また急激な相場変動などがあっても、借金になることがないのです。
口座の中にある資金はゼロとなってしまいますが、残高がマイナスになっても請求がありません。

FXを副業で行うとしても、やはり怖いのは損失が大きく出た時です。
口座の中のお金がゼロになるのは良いとしても、借金だけは抱えたくないという人も少なくありません。
そうした時にFXSuitのような、ゼロカットを採用している取引会社だと安心できます。
高倍率のレバレッジをかけた場合、ほんの少しの変動でも大きく損失を出す可能性が高いです。
結果として顧客の資産を守るために、このゼロカットのシステムが採用されていると言えます。
[box class=”blue_box” title=”FXSuitの特徴” type=”simple”]

  • FXSuitは海外のFX会社
  • 最大で500倍のレバレッジをかけられる
  • レバレッジのリスクに対して、ネガティブ・バランス・プロテクションを導入している
  • ネガティブ・バランス・プロテクションのお陰で、トレードに失敗しても借金にならない

[/box]
FXSuitの特徴的な部分は以上です。

[btn class=”rich_green”]FXSuitの口座開設はこちら[/btn]
FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitはロスカット水準が低い

次の特徴としてはロスカットの水準が低いことです。
日本国内のFX業者の多くは、ロスカットの水準が50%〜100%に設定されています。
対してFXSuitの証拠金維持率は20%です。
これもレバレッジの高倍率が影響していると言えます。

ちなみに証拠金維持率とは、口座の中にある資金と保有しているポジションの価格で決まる数字です。
例えば口座に10万円の資金があったとして、5万円を出してポジションの保有をしたとしましょう。
この時の証拠金維持率は50%です。
その後に相場が下がったとして3万円の損失がでたとします。
すると10万円の資金に対して、8万円となるため証拠金維持率が20%となってしまうのです。
これ以上の損失がでると危ないため、強制的にポジションが決済されるのがロスカットになります。
だいたい証拠金維持率が50%を割ると、大抵はマージンコールといってFX取引会社から連絡が入る形です。
この時に口座に資金を投入して、預金額を増やすことで証拠金維持率を高めることもできます。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitは口座のタイプを選べる

FXSuitでは口座のタイプを選ぶこともできます。
オールゼロという口座と、手数料なしの2種類のタイプです。
それぞれに仕組みが異なるので、最初に理解しておく必要があります。

オールゼロ口座というのは、取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭く設定されている口座のことです。
取引手数料としては1ロット取引あたり約700円程度になります。
またオールゼロ口座では、レバレッジが最大で200倍にまで制限されるのもポイントです。

もう1つの手数料なし口座も確認します。
こちらはその名の通りに、取引手数料はかかりません。
ですが取引手数料の代わりに、スプレッドが広めの設定です。
公式のサイトで書かれているのは、ユーロ/米ドルのスプレッドが最小で1.5pipsとなっています。
ちなみにオールゼロ口座では、最小0.2pipsのスプレッドです。
数字を比較すると、かなりスプレッドが広くなっているのがわかります。
手数料なし口座ではレバレッジが最大500倍で、ビットコインを使って入金も可能です。
取引できる最低ロット数としては、どちらも0.01からとなります。
高いレバレッジをかけたいのなら手数料なし口座を、手数料を安くしたいのならオールゼロ口座がおすすめです。

[btn class=”rich_green”]FXSuitの口座開設はこちら[/btn]
FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitのプラットフォームはMT4

FXSuitの取引プラットフォームはMT4になります。
世界的に見て最も普及率の高いプラットフォームで、チャートの機能が非常に充実しているのが特徴です。
通常の売買取引だけではなく、オリジナルのテクニカル指標の導入もできます。
さらには自動売買の機能にも対応していますので、取引をする時に非常に心強い味方になってくれるでしょう。

利用するデバイスの媒体も選びません。
PCであればWindowsとMacの両方に対応していますし、スマートフォンも同様です。
それぞれダウンロードできるようになっていますので、口座の開設後に利用するといいでしょう。

またFXSuitで複数の口座を持っているのなら、PMAMという口座を開設すると便利です。
これは複数の取引口座を管理するためのもので、取引レポートの作成や資金管理などを行うことができます。

最後にFXSuitがなぜ人気なのかを紹介してみます。
これはSNS上で話題になっているもので、3すくみ投資法と呼ばれるものです。
3つのメジャー通貨ペアのポジションを保有することで、仮に価格変動があっても相殺される仕組みになります。
この仕組みを利用してポジションを長期保有し、スワップポイントで稼ぐといった方法です。
いわばアービトラージを使った方法になるのですが、この取引方法がSNSで話題になっています。
話が本当であれば、ノーリスクで稼ぐことが可能です。SNS上で何かと話題になっているのがFXSuitです。
海外のFX取引会社の1つで、最近になってオープンしたばかりの取引所になります。

FXSuitのポイントまとめ

簡単にスペックを見ていくと、レバレッジが最大500倍でゼロカットシステムを導入しているのが魅力です。
FX取引を含めて200種類以上の金融資産が取引できます。
ロスカット水準も20%と低めなのですが、海外FX取引会社にありがちなスプレッドは広めです。
ただ口座によってはスプレッドを狭くすることもできるので、投資方法に合わせて選ぶといいでしょう。

[btn class=”rich_green”]FXSuitの口座開設はこちら[/btn]
[kanren postid=”2934″]

[colwrap]
[col2]

おすすめ記事

[kanren2 postid=”2573″]
[kanren2 postid=”2642″]
[kanren2 postid=”2614″]
[kanren2 postid=”2701″]
[kanren2 postid=”2881″]

[/col2]

[col2]

良く読まれている記事

[kanren2 postid=”2614″]
[kanren2 postid=”2719″]
[kanren2 postid=”2894″]
[kanren2 postid=”2651″]
[kanren2 postid=”2690″]

[/col2][/colwrap]