FXSuit

FXSuitの取引プラットフォーム・MT4についてご紹介します

FXSuit取引プラットフォームMT4(MetaTrader)

日本国内のFX業者の多くは取引プラットフォームに、自社開発をしたものを導入しています。
他方で海外のFX業者は、ほぼMT4(MetaTrader4)を採用している形です。
FXSuitもMT4(メタトレーダー4)を使用できますのでMT4について解説していきます。

FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】FXSuitは世界各国で個人投資家はもちろん、機関投資家の方に信頼されている国際的なオンライン取引ブローカーです。日本では月利15%の3...

FXSuitの取引プラットフォームはMT4

結論をお伝えすると、FXSuitの取引プラットフォームはMT4が導入されています。
口座を開設した後に、FXSuit内にあるページからダウンロードして使うという流れです。
ではそもそもMT4とは何かから解説します。
MTというのは、メタトレーダー/MetaTraderの頭文字をとったものです。
ロシアにある会社が開発したもので、取引ツールとしてだけではなく、高度なテクニカル分析や自動売買にも対応しています。
基本的に無料で提供されているため、fxsuitでの利用にも費用はかかりません。
全世界の投資家が愛用している取引ソフトでもあり、非常に高度な分析なども可能です。
また自分でプログラムを書くことができれば、独自のルールに従った自動売買もできます。
いわばFX取引において、必要なことはほぼできるツールです。

対応しているMT4の種類とダウンロード方法

FXSuitでは口座を開設すると、取引プラットフォームとしてMT4を選択することになります。
ダウンロード方法はfxsuitの公式ウェブサイトにある、取引プラットフォームにアクセスするだけです。
大きくはパソコン版とモバイル版の2つがあり、WindowsとMac、AndroidとiOSのすべてに対応している形です。
それぞれにダウンロードする先が違いますので、自分が取引をするデバイスに合わせてください。
画面が大きくテクニカル分析なども見やすいのがパソコン版で、出先などでも手軽に取引したいのならモバイル版がおすすめです。
ただ非常に高機能なツールだけに、初めての人は操作が難しいと感じるかもしれません。
その場合はMT4についての書籍や、情報ページを探して読むのをおすすめしておきます。
またもう1つ注意したいのが、MT4は各FX会社で専用となる点です。
ですのでfxsuitの口座を開設した時は、必ず同社が提供するものをダウンロードしてください。

MT4のポイント
  • FXSuitのMT4はパソコンとアプリの両方に対応している
  • Windows、iOS、AndroidとOSを問わずに利用できる
  • テクニカル分析をしたいのならパソコン版
  • 取引ツールとして利用するならアプリ版

以上がfxsuitの取引プラットフォームの種類です。

MT4の時間表記について

FXSuitから専用のMT4をダウンロードした時は、ツールの時間表記が異なっています。
これは時間設定がFX会社が拠点とする国の、標準時に合わせているためだと考えてください。
自分の頭の中で誤差分を計算しているので大丈夫という人もいますが、やはり多くの人はMT4を使うのなら日本時間表記にしておきたいでしょう。
そこでおすすめなのが、JPN_Time_SubZeroというインジケーターの導入です。
最初にMT4関連のインジケーターがダウンロードできる、めたとれなうpろだにアクセスをしてください。
そこから前述のファイルをダウンロードします。
この時に自分がわかりやすい場所に保存してください。
次にMT4を起動して、画面の左上にあるファイルからデータフォルダを開くと進みます。
画面が切り替わるので、その中にあるMQL4をダブルクリック、さらにIndicatorsへと進みます。
これでインジケーターが格納されているフォルダが開いたので、先ほどダウンロードしたJPN_Time_SubZeroを、ドラッグ&ドロップで移動させてください。
ここでMT4を終了して、再起動してください。
次に起動後の画面からナビゲーターウィンドウ、インジケーター、JPN_Time_SubZeroと進んでいきます。
するとパラメータを入力する画面になるのですが、UseLocalPCTimeをtrueに、HOURとMINUTEもtrueがおすすめです。
その他の部分はいじらなくても十分です。
ちなみにUseLocalPCTimeとは、MT4を使っているパソコンの時間で表示するという意味になります。

MT4の時間表記変更が使えない場合の対処法

ただ前述の方法はパソコン版でしか使えません。
スマートフォンなどのアプリからfxsuitのMT4を利用している場合だと、表示時間を日本時間にはできないのです。
そこで時間は自分で上乗せして計算する必要があります。
メタトレーダーではGM表示を採用しているのですが、これはイギリスのグリニッジ標準時のことです。
GM+2と表記があれば2時間進んでいることになります。
日本はGM+9で表示されるので、9時間進んでいる形です。
つまりMT4がGMT+2なら、日本時間換算するには7時間足せばいい形になります。
ここで注意したいのが、サマータイムの問題でしょう。
日本でも導入を検討するなどの話がありましたが、他国では一般的に使われているものです。
サマータイムになると、通常よりも時計の針を1時間早めます。
つまりGMT+2であるのなら、GMT+1となるのです。
各国で始まる時期にズレがあるのですが、およそ3月中旬〜11月上旬であると考えてください。
冬時間となるのは11月上旬から3月の中旬です。
なれるまでは面倒に思うかもしれませんが、サマータイムの時期を把握できれば、特に難しくありません。

MT4の特徴とは

FXSuitで採用されているMT4は、とても便利なツールです。
特に副業で行うとしても、自動売買の機能を使えば自分が働いている時間でも取引を進められます。
理解するまでは時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえばとても便利です。
日本国内のFX業者では対応しているところが少ないので、MT4が使いたくても使えないケースも少なくありません。
ですがfxsuitのように海外のFX会社では利用できますので、これを目当てに口座を開設する人も多いのです。
海外の一流投資家が利用している、インジケーターなども使えますので使いこなせれば、強力な味方となってくれます。

FXSuitの取引プラットフォームはMT4

FXSuitの取引プラットフォームはMT4を採用しています。
ロシアの会社が開発した取引ツールで、強力なテクニカル分析の機能が売りです。
また自動売買にも対応しているため、副業でFXを始めたいという人にも向いているツールでしょう。
ただ海外FX会社の場合は時間設定が、日本とはズレているので、インジケーターを導入しておくのをおすすめします。
詳しく手順も紹介していますが、数分もあればできる作業ですので、初心者でも難しくありません。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧に【2020年最新版】FXSuit のリアル口座開設方法を詳しく解説します。 FXSuitの口座開設に必要な時間は最短5分程度。 月利15%を稼げるスワッ...
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】
FXSuit3すくみの評判は?出金や安全面~不安な所を解説!【完全版】FXSuitは世界各国で個人投資家はもちろん、機関投資家の方に信頼されている国際的なオンライン取引ブローカーです。日本では月利15%の3...