FXSuitの入金・出金方法で知っておきべきことは?

FXでは口座に入金しなくては投資ができません。
海外のFX業者を使う時に、最初の壁になることが多いのが入金です。
そこでFXSuitの入金方法についてご紹介します。

[btn class=”rich_green”]FXSuitの口座開設はこちら[/btn]

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitの入金方法について

FXSuitの口座への入金方法は4つあります。
クレジットカード、オンライン払い、仮想通貨、国内銀行からの送金です。
この内オンライン払いは利用不可となっているため、実質的に入金方法は3つとなります。
ではそれぞれに確認をしていきます。
クレジットカードでの入金は、最もシンプルな方法です。
ただし対応しているのは、VISAとMasterCardのみになります。
日本で知名度の高いJCBには対応していません。
また利用者の多いアメリカンエクスプレスも非対応です。

FXSuit入金方法


入金をするにはマイページ上部にある、資金入金からクレジットカード/デビットカードを選択します。

その後に振込対象の口座、基準通貨、入金額が表示されるので入力をします。5000円以上から入金ができ、画面下部にある送信するをクリックしてください。

するとクレジットカード/デビットカードの情報を入力する画面となるので、自身のカードに記載されている情報を記載してください。最後にpay nowを選択して支払いが完了します。

クレジットカード/デビットカードは反映も早いため、急ぎでの入金時におすすめです。

FXSuitの入金方法
  • クレジットカード/デビットカード
  • 仮想通貨
  • 国内銀行からの入金

fxsuitの入金にはこの3つがあります。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitで国内銀行を選ぶべき理由

もう1つ代表的なのは国内銀行からの入金です。
マイページ上部から資金入金までの流れは同じで、国内銀行を選ぶことのみが違いとなります。
FXSuitが指定する銀行口座のGMOあおぞら銀行に送金すると、入金は完了する仕組みです。
銀行からの入金の場合は、完了するまでに2営業日ほどのタイムラグが出る場合もあります。

最後に仮想通貨の入金を調べてみました。
FXSuitでは珍しく仮想通貨からの入金が可能ですが、対応しているのはビットコインのみです。
アルトコインでもメジャーな、イーサリアムやリップルなどの通貨には対応していません。
資金入金から暗号通貨と進み、振込対象の口座と基準通貨、入金額を選択する形になります。
ちなみに基準通貨は米ドルしか選べません。
画面下部にある提出をクリックすると、支払用の入金アドレス/QRコードが発行されますので、このアドレス宛に仮想通貨の送金手続きをします。
ここで気をつけたいのが支払用入金アドレス/QRコードが有効なのは、15分以内という期限付きな点です。
また入金額は米ドルがベースとなるため、金額の指定を間違えないように注意してください。

入金時には出金時のルールも知ろう

FXSuitだけではないのですが、海外FX会社で注意したいのは出金時にルールがあるという点です。
これは資金洗浄対策(マネーロンダリング対策)として大抵の業者が行っていることなのですが、銀行以外の入金方法では入金額までしか出金できないのです。
詳しく説明をしていきます。
FXSuitでは先述したように銀行送金以外ではクレジットカード/デビットカードか、仮想通貨による支払いが可能です。
出金をする時にこれらの方法も入金と同様に選択することができますが、額に制限が設けられます。
つまり先にもお伝えしたように、入金をした額のみ出金できるというものです。
ではfxsuitで利益が出た場合は、どこで出金するのでしょうか。
これは銀行振込のみと決まっています。
そのため手数料などを考慮すると、最初から銀行から送金をしておくのもおすすめです。
銀行以外からであれば入金額までしか出金できないので、利益分は別途銀行から送金しなくてはいけません。
二度手間にしかならないので、銀行送金を最初から選択するのも良いでしょう。
ただ銀行送金では3営業日ほど時間がかかることもあるので、素早く入金をしないといけない時のみクレジットカードを使うといいです。

出金する時の注意点

FXSuitの送金で注意したいのは、6ヶ月以内の出金には出金額の30%が手数料として請求される点です。
どこから起算されるのかですが、これは初回の入金から数えて6ヶ月という計算となります。
仮に10万円を引き出そうとした場合は、3万円とかなり大きな手数料が取られてしまうのです。
6ヶ月以上経過していれば、30%の手数料はかかりません。
そのため最初の入金から6ヶ月は、出金しない方がいいでしょう。
ちなみにfxsuitではポジションを保有した状態でも出金は可能です。
ただし出金をした後の証拠金維持率が20%を切るようであれば、リクエストが正しく処理されません。
なぜならロスカットになる水準であるため、処理が正しく行われないのです。
つまりポジションを保有したままでも出金はできますが、制限があることを忘れないでください。
計算が面倒であればポジションは、決済してからの方がおすすめできます。
またfxsuitでは、口座が手数料なしとオールゼロの2つあります。
このどちらであっても入金や、出金に対しての違いはありません。
この2つの口座の違いとしては、レバレッジに制限があるかどうか、スプレッドの広さです。
手数料なし口座では最大500倍のレバレッジですが、オールゼロでは200倍までと制限されてしまいます。
スプレッドが広いのは手数料なし口座です。
オールゼロ口座はスプレッドが狭いですが、その分取引手数料がかかってしまいます。
どちらを選ぶかは、自分の投資方法に合わせるといいです。
ただし副業でfxsuitを始めるという場合は、口座なし手数料を開設しておくと便利でしょう。
投資初心者はまだ自分に向いた投資スタイルの構築もできていないはずなので、制限のない口座をおすすめしておきます。

FXSuitにおける入金と出金方法まとめ

FXSuitにおける入金と出金方法についてでした。
入金する時にはマイページから資金入金を選択して、好みのものを選択してください。
種類としてはクレジットカード/デビットカード、仮想通貨、国内銀行の3つがあります。
オンライン払いという選択肢もありましたが、現時点では利用できません。
入金をする前に知っておきたいのが、銀行送金以外だと入金した額しか出金できない点です。
仮に50万円を入金したとして、50万円の利益をあげたとします。
この時に銀行送金以外の方法だと50万円しか出金できないのです。
ですが銀行送金だと利益となった50万円も送金ができます。