FXSuitはアービトラージで稼げるのか?徹底検証しています

FXSuitは新興の海外FX会社ですが、SNSで話題になったことで日本人投資家から人気があります。
この人気の秘密がアービトラージを使って稼げるということなのですが、実際に稼げるのかを検証してみました。
ここでは基本的なアービトラージの方法から、FXSuitの例まで紹介していきます。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

アービトラージとは?

では最初にアービトラージを確認します。
アービトラージとは、日本語にすると裁定取引と呼ぶものです。
同じ商品でありながら市場によって、価格差がある場合にその差を利用して利ざやを稼ぐ方法になります。
理論的にはノーリスクで利益が出せる方法だと言えるでしょう。

ここで一般的なアービトラージの例を紹介してみます。
仮に相場が1米ドル100円、1ユーロ130円、1ユーロ1.36ドルだったとしてください。
この時にユーロを1ロット130万円で買い、ユーロをドルに換えれば13600ドルとできます。
さらにドルを円に戻すと、136万円です。
つまり差し引きで6万円の利益とできるのです。

このような利益の出し方がアービトラージとなります。
ただアービトラージは、多くのFX会社で禁止されているのです。
これはFX会社からすれば当然の措置で、価格差だけで利ざやを稼がれてしまうと利益を取れないためです。

FXSuit独自のアービトラージを知ろう

そんなアービトラージで利益を出せるのがFXSuitです。
具体的にはどうするのかと言うと、先ほどお伝えしたユーロ、米ドル、円の3つの通貨ペアを使います。
ユーロ/米ドルを売り、ユーロ/円を買い、米ドル/円を売りというようなポジションを持つだけです。
なぜこの3つのポジションで利ざやを稼げるのかと言うと、スワップポイントが発生するためです。

通常スワップポイントというのは、低く抑えられています。
何故かというと、これもFX会社からすると利益がでないためです。
ですがfxsuitでは、日本人投資家が多いことから日本人にだけスワップポイントを優遇しています。
その結果として、この3つのポジションを持つだけでも、年利15%程度の利益を出せるのです。
他のFX会社では先ず口座凍結になるような禁止行為ですが、なぜかfxsuitでは公認されています。
では具体的にfxsuitでアービトラージをした場合に、スワップポイントはどの程度稼げるのかを確認します。

スワップポイントはチャートの動きや、購入ロット数でも上下をするので飽くまでも目安としてください。
ユーロ/米ドルでは1日あたり約7.8ドルのプラスで、ユーロ/円では金利が同じなのでポイントは発生しません。
最後に米ドル/円の場合だとマイナススワップが約3ドル発生します。
つまり最終的に差し引きをすると、約4.8ドルもの利益となるのです。

FXSuitアービトラージのポイント
  • ユーロ、米ドル、円で相互にポジションを持つ
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)を売り
  • ユーロ/円(EUR/JPY)を買い
  • 米ドル/円(USD/JPY)を売り

この3つのポジションの保有でアービトラージができます。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

FXSuitのアービトラージは為替変動に強い

このFXSuitを使ったアービトラージが人気の理由は、為替相場の変動に強いことです。
ユーロ、円、米ドルといった3つのメジャー通貨は、そもそもの話として相場の変動が少なくなります。

スワップポイントでは定番の高金利通貨は、政情が不安定などの理由から大きく変化をするため、何かあればスワップポイントが一気に吹き飛んでしまうリスクがあります。
ですがメジャー通貨のペアのみですので、高金利通貨のような値動きをしないのです。
また多少の値動きがあったとしても、お互いにお互いの損失と利益を吸収するようになっています。
いわばジャンケンのような仕組みになっているので、スイスフランショックのような世界的な動きがなければ、ほぼ問題なく運用できるのです。

スワップポイントを狙った長期投資では、常に価格変動リスクを伴うものだと言えます。
ですがfxsuitのアービトラージでは、価格変動のリスクを最小限に抑えることができるのです。
つまりリスクをなくして、利益が得られます。

FXSuitの高レバレッジが効果的に利用できる

またこのアービトラージで肝となるのが、レバレッジの高さです。
レバレッジをかけて大きな取引をするほど、1日あたりのスワップポイントも増えていきます。
fxsuitでは最大500倍のレバレッジをかけることができるので、上手く運用すれば1日あたりに数千円や数万円の利益も夢ではありません。

FXを副業で行う理由の1つが自己資金が少なくてもすむというものですが、これはレバレッジの高さが解決してくれます。
国内のFX業者で同じことをしても、レバレッジが最大で25倍であるためほぼ儲けになりません。
だからこそ海外のFX会社であるfxsuitが選ばれています。
FXはなかなか稼げないと諦める人も多いのですが、リスクを減らしたアービトラージであれば、素人でも勉強の必要はありません。

FXSuitのアービトラージはポジション保有量が重要

ここまでfxsuitのアービトラージが、稼げることを確認しました。
最後のポイントがもう1つだけあります。
それはポジションを保有する時の量です。
シンプルにすべて同量を、購入してしまっては相殺できません。
相殺するためには、適切な量を購入する必要があるのです。

ユーロ/米ドル売りが1、ユーロ/円買いが1、米ドル/円売りを1.13にするという形になります。
最後の1.13だけはレートによって変わりますが、およそはこの比率で購入すると間違いありません。

FX会社としては本来スワップポイント狙いは、歓迎されるものではないです。
ポジションの長期保有というのは、手数料が入ってこないためです。
ですがfxsuitではこうした手法を公認することで、自社をプロモーションしているのだと言えるでしょう。
広告やボーナスなどにお金を使うのか、取引手法として宣伝をするのかの違いだと言えます。

FXSuitにおけるアービトラージまとめ

FXSuitにおけるアービトラージは稼げるのかどうかでした。
結論からお伝えしますと、理論的にみてアービトラージを使った方法は低リスクで稼ぐことができます。
ユーロと米ドル、円といったメジャー通貨を使い、さらにはお互いにポジションを持つことによって、どう為替が動いても相殺できるように作られているためです。
この手法は基本的に、他のFX会社では認められないでしょう。
アービトラージそのものを禁止としている会社が多いためです。
ですがfxsuitではプロモーションの一環として、上手に日本人投資家を呼び込むために公認しています。
非常に効果的な手法ですので、自己資金に余裕があるのなら利用する価値はあるでしょう。