FXSuitはレバレッジ500倍!ロスカット設定など気になる情報まとめ

FXを副業で利用する人の多くは、資金が少なくてすむことに魅力を感じています。
この少額の資金ですむ理由がレバレッジです。
ただ国内のFX業者は規制によって最大で25倍までしか利用できませんが、海外の業者であれば規制がありません。
そこでFXSuitのレバレッジ500倍について考えます。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

レバレッジとはどういうものか?

レバレッジとは端的にお伝えすると、自己資金よりも大きな取引ができるシステムのことです。
例えば1米ドル100円だとして1万通貨を購入するには、100万円の資金が必要となります。
ですがレバレッジをかけることで、より少ない資金ですむのです。
例えば10倍のレバレッジをかけた場合は、自己資金の10倍までの取引ができる仕組みになります。
つまり上述の例だと100万円ではなく、10万円ですむのです。
国内のFX業者の最大倍率である25倍なら4万円ですみます。
これが海外の業者であるFXSuitであれば、最大で500倍という倍率が可能となる形です。
同じ条件で計算をすると、100万円の取引が200円あればできます。
国内のFX業者だと最低でも4万円必要ですから、その額の小ささがわかりやすいはずです。

レバレッジのポイント
  • レバレッジは自己資金以上の取引ができるシステム
  • FXSuitでは最大500倍まで可能
  • 国内のFX業者だと最大で25倍まで

レバレッジは高くかけられるほど、少ない資金で投資ができます。

レバレッジはハイリスク?

レバレッジが大きいということは、確かにメリットの1つです。
ですがメリットばかりではなく、デメリットになる部分もあります。
それは相場の動きが予想通りに動けば大きな利益になりますが、逆に動いた時には損失も膨らむという点です。
特にFXを副業として始めようとする人が、最も気になるのが口座がゼロになるだけではなく、借金が発生したらという点でしょう。
この問題は実は国内のFX業者を利用していると、深刻な問題になります。
FX会社としてもロスカットというシステムを導入していて、資産が大きく目減りするのを防ぐようにしているのです。
ロスカットというのは、強制的なポジションの決済になります。
つまり損失が大きくなってくると、さらに拡大しないようにFX会社の方で強制的にポジションを決済してしまうのです。
このシステムが正常に機能していればいいのですが、希に機能しなくなるのです。
それは相場が急変するような場合です。
株式投資ではストップ高、ストップ安といったように1日で変動する相場には上限があります。
ですがFXにはそうした上限がないため、大きな問題があれば一気に相場変動を起こすリスクがあるのです。
この時に日本のFX会社のロスカットでは間に合わずに、借金が発生することになります。

FXSuit口座開設方法を手順のはじめから丁寧にご紹介

レバレッジのリスクを低減してくれるゼロカット

これに対して海外のFX会社ではゼロカットを導入しています。
FXSuitもその1つで、正式にはネガティブ・バランス・プロテクションを採用している形です。
これは上述したように、相場の急変などによって大きく損害がでたという時に発動するものです。
内容としては口座のお金がゼロになることはあっても、借金にはならないというシステムになります。
仮に口座の中に20万円があったとして、損失が50万円でたとします。
この時に国内のFX業者であれば30万円の借金となるのです。
ですがfxsuitのような海外業者では、口座にある20万円はなくなりますが、30万円の借金もなくなるのです。
これはfxsuitがマイナス分の金額を補填する形となります。
一時的に口座の残高がマイナスとして記載されることはありますが、時間が経過すればその分を消してくれるのです。

証拠金維持率について知ろう

もう1つレバレッジと関連して覚えておきたいのが、証拠金維持率というものです。
証拠金維持率とは、ロスカットが起こってしまうパーセンテージを意味しています。
ロスカットは強制決済のことであると既に説明をしました。
このロスカットになるかどうかのラインが、証拠金維持率になるのです。
では具体的にどのようにして計算するのかを確認します。
仮に口座内に100万円の資金があったとしてください。
100万円の資金の内50万円を使って、ポジションを保有したとします。
この時点で証拠金維持率は50%になるのです。
さらにこの保有しているポジションが、相場の動きによって30万円の損失をだしたとしてください。
そうすると証拠金維持率は20%にまで下がる仕組みです。
つまり相場の動きによって、証拠金維持率は上下します。
国内のFX業者の場合は、ほとんどの証拠金維持率が50%〜100%の間で設定されているのです。
ですがレバレッジを大きくかけるほど、証拠金維持率は相場の動きで上下することになります。
そのためfxsuitでは証拠金維持率は20%と設定されているのです。

証拠金維持率の計算は自分でする?

ここで1つ疑問となるのが、証拠金維持率は自分で計算しないといけないものなのか、という点です。
結論をお伝えすると、自分で計算する必要はありません。
なぜならfxsuitで提供されている取引プラットフォームのMT4は、自動的に計算をしてくれるためです。
もう1つ証拠金維持率が下がった時に、警告はくるのかという点もあります。
これは事前にメールなどでお知らせをしてくれる形です。
およそですが50%の証拠金維持率を切ると、連絡があります。
この時にまだポジションを保有したいのなら、追証といって追加で口座に資金を投入してください。
口座に資金が投入されると証拠金維持率が高くなります。
本来であればロスカットはできるだけ避けるべきもので、そうなる前に損切りしてしまうのが正解です。
ただ相場の急変などによって一気に値が動くこともあるので、そうした時にはロスカットが発生してもおかしくありません。
また仮に損失が膨らみ過ぎたとしても、FXSuitであればゼロカットシステムがあるので、最悪でも口座がゼロになるだけですみます。
ちなみに海外FX会社ではXMも人気です。
こちらは最大でレバレッジが888倍までかけることができるのですが、口座残高が200万円以上になると200倍まで制限されてしまいます。
ですがfxsuitでは、そうした制限がありません。

FXSuitのレバレッジ上限まとめ

FXSuitのレバレッジ上限についてのまとめでした。
レバレッジは自分の手持ちの資金以上の取引ができるシステムのことで、fxsuitでは500倍までかけられます。
ただしハイリスク・ハイリターンな投資方法となるため、大きく損失を出す可能性もあるので注意が必要です。
ただfxsuitではロスカット水準も20%と低く、仮に相場の動きでマイナスになっても借金にはならないゼロカットがあります。
そのため国内のFX業者よりは、安全に取引が可能です。