FX基礎講座

海外FXでトレードした時の税金・確定申告について覚えておくことは?

海外FXの税金・確定申告

海外FXが人気なのはハイレバレッジで、大きく稼げるためです。
ですが海外FXに限らず、利益がでると税金がかかります。
そこで海外FXでトレードをした時の税金や、確定申告について確認していきます。

FXに関する税金を知ろう

最初にFXに関する税金の扱いを見ていきます。
FX取引において税金の対象となるのは、為替差益を得た場合とスワップポイントでプラスが出た場合の2つです。
この2つの利益が年間で20万円以上になると、確定申告を行って税金を支払う必要がでてきます。
ちなみに20万円というのは、本業で給与所得を得ている人が対象です。
いわゆるサラリーマンとして働きながら、副業でFXをしているパターンが該当します。
給与所得がなく本業としてFXをしている場合は、年間で38万円以上の利益で課税対象となる形です。
ちなみに副業でFXをしている場合に、利益が20万円以下の時には確定申告をせずにすみます。
FXでの税金ですが、所得区分で言えば雑所得になります。
ただ申告分離課税というものに分類されていて、確定申告が必須となっているのです。
この申告分離課税の税率は、いくら稼いでいても約20%となります。
ただしこれは国内のFX業者を利用した場合です。
海外のFX業者を利用した利益の場合、分類が異なります。
雑所得なのは変わりませんが、申告分離課税ではなく総合課税の雑所得となるのです。
この場合の税率は累進課税となります。

FXの税金
  • 副業でFXをした場合は年間20万円以上で課税対象
  • 国内FX業者の利益は申告分離課税
  • 海外FX業者だと総合課税

FXに関する税金の基礎的な部分でした。

先物取引は決済前だと課税対象とならない

ここで1つ覚えておきたいことがあります。
先物取引はポジションを決済した時に、課税されるというルールです。
スワップポイントとはポジションを決済せずに、長期的に保有することで毎日の利益を受ける形です。
つまり税制的に言えば、スワップポイントの利益を受けている間は、常に含み益の状態だと言えます。
この状態から決済をして、初めて税金がかかるのです。
ただし国内のFX業者の場合、スワップポイントの受取は2つのパターンがあると考えてください。
1つはポジションの決済後に毎日発生していた利益が、口座に入金されるパターンです。
もう1つはポジションを決済しないままで、毎日口座にスワップポイントが入金されるケースです。
この場合に前者は含み益と見なされますが、後者は所得となります。
つまり後者のパターンであれば、ポジションを決済しなくても税金が発生するのです。

XMを利用した時の税金は?

ではXMで取引をした場合はどうでしょうか。
原則として為替差益を得た場合は、ポジションを決済して利益を得られることになるので通常通りです。
スワップポイントの場合は、先物取引とFXは同じであるため決済しなくては含み益とできます。
そのため決済しないままだと、課税対象にはなりません。
つまり税金関連の手続きは不要となるのです。
次にいくらスワップポイントの利益が貯まれば、課税対象となるのかですが、副業としてのFXだと年間に20万円以上となります。
ここで勘違いしがちなのですが、出金の有無は関係ありません。
決済をして利益もしくは損失が確定した時点で、課税の対象となるので注意が必要です。
利益は雑所得なるのですが、海外FXでの利益のため申告分離課税とはいきません。
総合課税に分類されるので、累進課税となるのです。
つまり利益が大きくなるほど、税金も大きくなってしまいます。

雑所得の累進課税の内訳とは

所得税の税率について確認してみましょう。

所得税の税率所得税の税率

引用:国税庁ホームページ No.2260 所得税の税率

195万円以下だと15%の税率となり、内訳は所得税5%と住民税10%です。
控除額はありません。
195万円超〜330万円以下だと税率は20%です。
内訳は所得税10%と住民税10%で、控除額は97,500円になります。
330万円超〜695万円以下だと税率が30%です。
内訳は20%の所得税と住民税10%になります。
控除額は427,500円です。
このように利益の額によって、税金がどんどん増えていくのが累進課税だといます。
最終的に4000万円超になると、税率が55%です。
控除額は約480万円になります。
税金の実質的な計算方法については、最寄りの税務署で確認するのがおすすめです。
各税務署によって経費となる部分の判断が異なるためです。

節税するのなら経費が重要

XMで取引をして利益が出た場合、国内のFX業者とは違って総合課税になるのがポイントでしょう。
累進課税が適用されるため、稼いだ分だけ税金がかかってきます。
そのため節税となる方法も知っておくべきです。
節税といっても先ほど触れた経費に関することです。
実は様々な面で経費として認められる可能性があるので、FXと関係のあるものは領収書をとっておくのをおすすめします。
例えば取引をする端末の代金、教材、書籍やセミナーの料金、パソコンの周辺機器などが代表的です。
また自宅でFXをしているのなら、光熱費や家賃の何割かを経費とすることも可能でしょう。
ただすべてが認められる可能性は低いので、税務署で確認してください。
例えばXMの利益が400万円あったとします。
この時に経費が0として申告をすると、税率は30%で控除額が427500円となる形です。
計算をすると約78万円程度の税金がかかります。
これが経費100万円かかったとしてください。
400万円から100万円を経費として差し引くことができるため、課税所得は300万円となります。
300万円だと税率は20%で控除額が97500円です。
こちらを計算すると、約51万円の前金となります。
比較をすると約27万円もの節税ができたことになるので、経費というのはかなり重要なポイントです。

XMで利益を出した時の税金や確定申告まとめ

XMで利益を出した時の税金や確定申告についてでした。
FXでの利益というのは、副業で行っている場合だと年間で20万円以上で課税対象となります。
この時に国内のFX業者であれば、雑所得でも申告分離課税の適用となるのですが、海外FX会社では雑所得の総合課税になるのです。
そのため累進課税が適用されるため、大きく稼ぐほど税金を支払うことになってしまいます。
ただXMでアービトラージによるスワップポイント狙いの場合だと、決済をしなくては課税対象になりません。
これは先物取引が決済をしないままだと、含み益としかならないためです。
逆に言えば決済をすれば、課税される可能性が高いでしょう。