FXリアルトレード

ビットコイン海外FXレバレッジ500倍3時間で8万円稼いだ方法

ビットコイン海外FXでレバレッジ500倍3時間で8万円稼いだ方法

普段はドル円の為替トレードがメインなのですが、ビットコインFXでも稼げるのか、トレード手法が通用するのか試していきます。うまくトレンドを捉えて、3時間で0.88BTC(約8万円)を稼ぐことができました。トレードのポイントを解説していきます。

上昇トレンド後の調整からの上昇

ビットコインFXチャート

前日の夕方頃からビットコインは上昇を続けており、夜中から朝方にかけてレンジになり9時頃から、サポートラインに支えられるか、下にブレイクアウトするかの攻防がありました。

1,008,000付近のサポートラインに支えられ3回目の押し目になったところで5ロット(5btc)ロング。3角保ち合いの終盤で売りと買いの攻防が終わりようやく上抜け。

勢いよく上昇を始め、30分ほどで高値もブレイクアウト。陰線が出たところで利益確定しました。0.88btc(約8万円)の利益確定です。

残高0.5btc(約5万円)からのスタートで、残高が0.13btc(約13万円)に増えました。1日で2倍ですね。

6月になりましたが会社が東京駅付近にあるため引き続きリモートワーク継続中です。

なので在宅勤務しながらFXトレードし放題なんです。FXでたっぷりと稼いでいきたいと思います♪

ビットコインFXのロット数は模索中

まだビットコインFXに慣れていないので、自分に合うロット数はまだ模索中です。今回はエントリー時に証拠金維持率250%程度、2000円逆にいったら0.01btc(約1万円)損切りのリスクで、上を0.1btc(約10万円)くらいを狙うというロット数にしました。

残高は0.5btcしかありませんでしたが、1回のトレードで0.01btc(約1万円)の損失なら許容範囲の金額なので、0.01btcを失うリスクをとって、0.1btc(約10万円)を狙うというような戦略です。

5ロット(5btc)で2万円幅、3時間で10万円なら、時間効率としても悪くはないというイメージですね。

ドル円に置き換えると、残高5万円で1万円の損切り設定にした場合、0.5〜1ロット程度しか持てないので、2万円幅の感覚をドル円に置き換えると50pipsくらいかなというイメージなので、5万円程度の利益だったかなと思います。

値幅の感覚的なことなので言っていることが良くわからないよ!と思うかもしれませんが、3時間の中での上昇幅、利益率を考えると、5btcで10万円、ドル円3ロット30pipsで10万円くらいの感覚かもしれませんね。

ビットコインはテクニカルが有効?

ビットコインfxテクニカル分析チャート

ビットコイン円(BTC/JPY)の1分足でチャートを観察し、サポートラインに支えられたところで1回目ロング→建値決済、2回目ロング→建値決済を繰り返し、粘り強く3回目のロングでようやく上抜けしました。

1分足でじっくり値動きを観察しながらトレードをしましたが、意外にテクニカルが効いているのかなという印象です。

トレンドラインにぶつかったら反発し、抜けたら抜ける、サポートラインにぶつかったら、支えられる。トレンド方向に正直に進む。三角保ち合いになったらトレンド方向に抜ける。今回の相場に関してはどれもテクニカルに素直に反応した値動きでした。

去年はビットコインFXに初参戦しましたが惨敗でした。初めてだったので値動きも、テクニカルも、値幅やロットなどもよく分からないまま、ギャンブルトレードをして、あっけなく200万円を溶かしました。

今年はじっくりビットコインFXも研究しながら、BTCを増やしていきたいと思います。

ビットコインFXはMT5(メタトレーダー5)

普段ドル円FXではMT4(メタトレーダー4)を使っているので、ビットコインFXでもMT5(メタトレーダー5)を使っています。証券会社はドル円FXはXMですが、ビットコインFXではCryptoGT (クリプトGT) を使っています。

理由はレバレッジ500倍を使えるからです。仮想通貨、暗号資産は日本で取引しても雑所得ですし、海外で取引しても雑所得です。であるならば、レバレッジ500倍でガンガン攻めて稼げる海外ビットコインFXを選択するでしょう。

CryptoGT (クリプトGT) を利用している理由のひとつは、経営陣が元XMの人だからというのもあります。
私の為替FXのメイン口座は海外FX業者のXMを5〜6年使っており、非常に信頼をしています。そのXM出身の人物が運営するCRYPTOGTなら信頼に値するという判断です。

為替FXならXM、ビットコインFXならCryptoGT (クリプトGT) をお勧めします。さあFXでガンガン楽しく稼いでいきましょう!