トレンドラインを引けることがトレードの基本

FXトレンドライン引き方1

トレンドラインを毎回引いてトレードしてますでしょうか?

インジケーターはたくさんありますが、何も表示せずにローソク足とトレンドラインを引くだけでもFXトレードは可能で、もちろん勝つことも可能です。

トレンドラインを引くことで為替相場のトレンド、相場がどちらを向いているのかという方向性を把握しやすくなるので、トレードも勝ちやすくなります。

今回は、為替相場のトレンドを、より掴みやすくするための方法をご紹介したいと思います。

FXトレードのトレンドラインとは?

FXをやっている人の中には、”トレンドライン”をチャート上に引いて、分析を試みている人もいるかと思われます。

トレンドラインとは、チャートの高値と高値、安値と安値を結んだ”線”のことです。

FXトレンドライン引き方1
この画像のようにチャート上にトレンドラインを描くことで、相場の方向感を掴みやすくなります。
また、市場参加者が注目するトレンドラインは、支持帯や抵抗帯となっていることもあります。

(※支持帯、抵抗帯とは価格が跳ね返りやすいポイントのこと。抜けると大きく動きやすいポイントでもある。)

FX初心者でも勝てるトレンドラインの引き方

トレンドラインは、その他大勢の市場参加者と同じ目線でラインを引けるよう、トレーダーは練習する必要があります。
ラインを引くときに主観が強すぎると正確に分析できませんので。

市場参加者が注目するポイントとはどこなのか?まずは、これを考える必要があります。
市場の目が集まるポイントには注文が集中していることが多く、そこが節目になりやすいからです。
ただ、最初から正確なトレンドラインを引くのは難しいと思いますので、私なりのちょっとしたコツを紹介します。
ここからが勝てるトレンドラインの引き方の本題です!


先ほど、トレンドラインは主観で引いてはいけないと書きましたが、ここはあえて自分が「ここだ!」と感じるポイントを、ラインで結んでしまいましょう。
その後に、そのライン付近へ為替レートが接近してきたときに、どのような値動きをしているか監視をします。

FXトレンドライン引き方2
値動きが激しくなったり、ポイントで跳ね返されているのであれば、そのラインは正解です。
ですが、ラインに接近しているのに全くレートが動じていないのであれば、そのラインは外れということになります。

正解したトレンドラインは、将来の値動きでも節目になることが多いので、必ずそのポイントのレートは、記録しておくことをおすすめします。

トレンドからレンジへの変化を見極める

トレンドラインを引くのは、チャートポイントを見つけるという目的の他に、地合いの変化を発見する目的もあります。

地合いの変化というのは、例えば、昨日まで下降トレンドだった相場が、今日になって安値を更新しなくなるようなケース。
トレンドラインをレートがゴールデンクロスして、どうもライン通りには値動きを描かなくなった場合。

FXトレンドライン引き方3
こういう場面では、トレンドからレンジ相場へと移行し始めている可能性があります。
トレンドラインを引いて監視していれば、この変化をいち早く感じ取れますので上手に活用してみてください。

 

>>次のページは
FXのトレンドとは?FX初心者でもトレンドを理解すると簡単に勝てるようになる

コメントを残す