トレード#24 トレードロジック解説

上昇トレンドのダウ理論は高勝率ポイント FX初心者にスキャルピング手法

こんばんは、FX−UMEです(^_^)

いつもありがとうございます。

今回はユーロドルの5分足、トレンド相場、3月18日水曜日の17時33分、+11.4pips、上昇トレンドでのダウ理論に当てはめた利益獲得トレードをお届けします。

実際のトレード動画を見ることで

エントリーポイント、決済ポイントなどの重要なコツがつかめる内容です。

トレードスキルを上げていく上で役に立つ内容ですので、

是非、最後までご覧いただければと思います。


トレード解説

 今回は、高勝率チャート基本形「上昇トレンドでのダウ理論、3点目で押し目買い」に当てはめたトレードになります。

ユーロドル上昇トレンドダウ理論

午前中から日中にかけては、じわじわと下げる相場でした。

ロンドンタイムの夕方になり反発上昇がはじまり、直近のレジスタンスラインにぶつかり陰線をつけて下落が始まりました。下落の中で再び反発上昇をするであろう「押し目」になるのを待っていました。

まず、上昇トレンドであることを確認するために、安値を結んだ上昇のトレンドラインを引いて、ダウ理論をあてはめ、安値高値の切り上がりを確認しました。

安値高値ともに2点切り上がったので、安値の3点目で押し目をつけるところでの「押し目買い」を狙っていました。

エントリーポイントを出すために、細かい下落のトレンドに沿ってトレンドラインを引き様子を見ていたところ、上昇のトレンドラインにぶつかり反発上昇を始め陽線を2つ確定させ、同時に下落のトレンドラインを上に割り込んだタイミングで買いエントリーしました。

補足として、真ん中の水平ライン、直近の上昇が始まったラインにも乗ったという点も判断材料です。

エントリー後はすぐに上昇を始め、若干下に反発を受けながらも上昇をし、レジスタンスラインの手前で利益確定をしました。

上げ止まりまで上昇するか見ていたのですが、直近の下落の勢いが残っており、上昇の勢いが弱まったと感じましたので、早めの決済をしました。

結果、決済後にすぐ下落が始まりましたので、程よいところでの決済だったと思いまます。

今回は狭い範囲の上昇トレンドでしたが、このように狭い範囲であっても、安値高値の切り上がりがありダダウ理論が当てはめられる高勝率チャート基本形「上昇トレンドでのダウ理論、3点目で押し目買い」に合う相場でした。

高勝率チャート基本形 7「上昇トレンドでのダウ理論 3点目で押し目買い」

2 件のコメント

  • 高勝率チャート基本形(8種)は、的確に説明されているので、非常に
    重宝します。 
    エントリーポイント、決済ポイント、損切ポイントを予め決めた状態で
    トレードするのでやり易いですね。
    ただ、決済ポイントはMACDなどで伸ばせる場面は伸ばせるかなと思います。

    • コメント、ありがとうございます!
      そうですね、おっしゃる通り、MACDなどを使用して
      決済を伸ばせる場面も多くあると思います。

      勝率を高めたい場合は早めの利益確定を行い、
      トレードに余裕があり利益を増やしたい場合、トレンドが続いていく可能性が高い相場の時は、トレンドフォローに切り替えポジションを保有して利益を伸ばすのも良いと思います。
      貴重なアドバイス、ありがとうございます!

  • コメントを残す