FOMC政策決定とイエレンFRB議長発言でドル安相場での利益確定トレード

ドル円トレード結果

こんばんは、FX−UMEです(^_^)

いつもありがとうございます。

今回は319日木曜日のトレード結果をご紹介します。

ドル円の5分足で下落相場にうまく乗り利益を獲得できました。

実際のトレードを見ることで

エントリーポイント、決済ポイントなどの重要なコツがつかめる内容です。

トレードスキルを上げていく上で役に立つ内容ですので、

是非、最後までご覧いただければと思います。

ドル円下落相場

ドル円5分足
09時02分頃 120.079で売りエントリー
10時00分頃 119.888で決済
結果 +19.1pips

この日の早朝3時にFOMCの政策決定とイエレンFRB議長の記者会見でドル高牽制発言が出たことからドルは全面安となりました。ドル円相場でもドル安になり一時ドル/円は119.30まで急落しました。

東京時間が始まり、下落の流れを引き継ぎ再び下落をしようとしているところ、陰線が連続で3つ確定したところで売りエントリーをしました。

エントリー後はすんなりと下落をしていきましたので、様子を見ていました。

一度、直近で反発上昇を始めたサポートラインにぶつかり、少しだけ上昇をし再び下落の波形をつくりました。

そこで波形の高値の少し上に逆指値をセットし、トレーリングストップをかけて、大きな陰線をつけて下げた、下げ止まりまで狙っていました。

しかし、下落の勢いは無くなり再びサポートラインで反発上昇し、細かい下落トレンドにそって引いていた下落のトレンドラインも割って上昇を始めましたので、上昇の勢いは強まり、結果、逆指値決済になりました。

この後、ドル円相場は急上昇を始めちょうどトレンド転換ポイントになったようです。

逆指値決済になってしまったのが少し残念ですが、19pips獲得できたので、ひとまず良しとします。

決済したポイントからちょうどトレンド転換が始まってしまいましたが、相場の方向性が分かりやすい時に、その方向にそってトレードをすると勝率は高くなります。

どうぞ、参考にして頂ければと思います。

それでは、今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

コメントを残す