FX初心者でも順張りの中での逆張りトレードは勝率が高いデイトレード手法

ユーロドル逆張りトレード

こんばんは、FX−UMEです(^_^)

いつもありがとうございます。

今回は316日月曜日のトレード結果をご紹介します。

ユーロドルの5分足でレンジブレイク後の逆張りトレードで利益を獲得です。

ユーロドル逆張りトレード

ユーロドル円5分足
23時19分頃 1.05953で売りエントリー
23時41分頃 1.05766で決済
結果 +18.7pips

夕方からじわじわと上昇しようとしていた相場。
ニューヨークタイムになり経済指標などもありようやく上にブレイクしました。
しかし、このブレイクも一時的なもので、トレンド転換するほどの勢いはないと思っていましたので、売りエントリーのタイミングを狙っていました。

ユーロドル逆張りトレードFX

1時間足で見ると、下落トレンド後のレンジで上昇を止められているレジスタンスラインがあり、そこまで上昇するかを見ていました。

ユーロドル逆張りトレード

5分足で細かい上昇のトレンドに沿ってトレンドラインを引き、トレンドを観察していました。

すると、レジスタンスラインの手前で上昇の勢いは失速し、上ヒゲを3本形成し陰線を確定させ下落が始まりました。

2本目の陰線で上昇のトレンドラインを割りそうだったので、エントリータイミングを伺っていました。

安全を考えると、トレンドラインを割って、陰線が確定してからのエントリーなんですが、今回はトレンドラインを割る陰線の勢いがあったので、陰線確定前にトレンドラインを下に割ったタイミングで売りエントリーしました。

エントリー後は、順調に下落をしていきましたので、含み益が7〜8pips出たところでエントリーポイントのすぐ下に逆指値をセットして、万が一戻ってきても±0で終われるように安全にトレードを進めました。

しばらくして、陽線を確定させたところで早めの決済をしました。

決済理由は、相場全体では下落の勢いが強いとはいえ、直近の相場を考えると急上昇の後の戻りなので、再び押し目をつけて上昇する確率も高いので、早めに決済しました。

この後のサポートラインまで戻ってからの押し目買いが高勝率チャート基本形「レンジブレイク後 押し目買い(サポートラインで反発上昇)」になると思いましたので、押し目買いを狙おうかと考えましたが、もう眠くなりましたのでトレードを終了しました。

今回と前前回のトレードはほぼ同じような形での逆張りパターンで、けっこう勝率が高いと感じるので検証していきたいと思います。

FX初心者が逆張りでもリスクゼロで利益を獲得するトレード手法

コメントを残す