トレンドとは?トレードする上で把握しなければ一生勝てないトレンドについて解説

トレンドとは、トレードのポイント

FX相場のトレンドを理解していますか?
今の相場は上昇トレンドなのか、下落トレンドなのか、横ばいのレンジなのか、
方向感のないノントレンドなのか、トレンドと言ってもこうした種類があります。

今回はそのトレードで勝つためには必ず理解しないと勝てない
”トレンドとは”どういうものか?について、説明させていただきました。

トレードでは、トレンドをいかに利用するかで、成績が大きく変わってきます。
動いてくれなきゃ利益は取れないんですからね。

ですからここでは、トレンドとは何かについての説明から、トレンドの掴み方のコツまでを精一杯に解説させていただきます!

FXトレードの勝敗を分けるトレンドとは?

トレンドがどういうものなのか?についての考え方は、トレードをやっている人それぞれが持っている感性によって違うものだと思われますが、私なりの意見を書かせていただきます。

私が「ああ、トレンドの最中だな」と相場環境を認識する時は、トレンドの根拠となる”材料”の存在と、目に見えない上値圧力や下値支持を感じた時です。

例えば、ドルの金利が上がるというという材料が市場に流れたとします。
為替は金利の変動に敏感に反応しますので、金利が上がるとなると、ドルが買われやすい相場になると予想ができますね。
その時仮にドル円を取引するとして、下げてもすぐ反発したり、強い支持線が生じたりしていると、これを”上昇トレンド”の兆しと、私は判断しています。

トレンドとは、トレードのポイント
つまり、”トレンド”というのは、相場に生じた値動きの偏りのことを意味しており、この偏りを見つけることがFXで勝つためのコツのひとつです。

FXのトレンドにはどのタイミングで乗ればいいの?

一般的な手法では、トレンドは”初動”で乗れといわれてますが、私はそれに反対です。

もちろん初動で乗れるに越したことは無いのですが、初動を狙った取引は”騙し”が多いので勝率が良くありません。
例えば、次の画像のような場面。

トレンドとは、トレードのポイント
これはレンジ相場ですが、ところどころ安値と高値を更新したところで、レートが折り返しています。

こういう場面では、つい飛び乗ってしまいがちです。
一旦レンジ化した相場は支持線と抵抗線にたくさんの壁があるため、突き抜けていくには相当のエネルギーと根拠が必要なんです。

そのため、飛び乗ってしまったところがレンジの折り返し地点になってしまい、不利なレートを掴まされるというのはよくあることでしょう。
そこで調子を崩してしまい、いわゆる”往復びんた”をくらうケースです。

一番、投資元本を減らしてしまうパターンですね。
では、どうすればいいのか?どのタイミングでトレンドだと判断して乗ればいいのか?
本題を説明します!

FX初心者でも勝てるトレンドへ上手にのる方法

投資の格言に”頭としっぽはくれてやれ”ということわざがあります。

端から端まで利益を取ろうとするのは失敗しやすいという意味であり、ほどほどの利益で満足しましょうという昔の投資家からの教えです。

くれてやるのは”頭”と”しっぽ”の2か所なので、早すぎる参入はしないように、との意味もあると思います。
つまり、真ん中から参入するのが、トレンドの理想的な乗り方だというのが私の見解です。

トレンドとは、トレードのポイント
トレンドが継続するという”材料による根拠”と”チャートの様子”双方で確認できる時に、「押し目」もしくは「戻り」を待ってエントリーをするのがベストです。

 

>>次のページは
勝てないFX初心者トレーダーはチャート分析を学べば勝てるようになる

コメントを残す