初心者でも今日から勝てるようになるトレードする時の適正ロットとは?

FXトレードロット

あなたは為替相場で適正ロットを把握してトレードをしていますか?

FXトレードを行う時には、適正なロットを知って使いこなせれば、

負けない、勝ち続けられる常勝トレーダーになることができますので、ロットについてしっかりと学習していきましょう。

極めて基本的な言葉の説明になりますが、そこから深堀りして、FXで勝つための大事な話をほんの少ししたいと思います。

FXトレードのロットとは?

FXトレードにおけるロットというのは、取引する際の最低取引単位を表しています。

最近では1000通貨単位で取引できるFX業者が多くなりました。
例えばA社というFX業者で取引をしているとして、その業者の最低取引通貨単位が1000通貨だったとします。

1ロット=1000通貨単位の取引ができる業者で、500通貨単位で取引することはできません。
1000通貨単位というのが、この業者における1ロットです。

FXトレードロット

10万円でドル/円を買う場合、どれだけ買える?

10万円をFXの取引口座に預けた場合、ドル円を買うとしたらどれだけ買えるでしょう?計算してみました。

仮に、ドル円のレートが110円だとしましょう。
ドル円を1000通貨単位ロングする場合、必要な証拠金は、

1000通貨×110円=110000円

現物なら11万円必要ですが、レバレッジ25倍だとしたら、

110000円÷25=4400円

レート110円のドル円を1000通貨買う場合の証拠金は4400円です。

預け入れたお金が10万円なので、

100000円÷4400円=約22.7ロット

ドル円1000通貨単位を、22.7個買えるということになります。

FXトレードロット しかし、ここで気をつけないといけないことがあります。
10万円のお金で22.7ロット購入した場合、

4400円×22.7ロット=99880円

99880円の証拠金が必要になりますので、10万円しか預けていないと、ちょっとレートが逆行しただけですぐに天井となり、強制ロスカットをくらう羽目になってしまいます。

【強制ロスカットとは?】

取引中に保有している通貨の評価額が下がると、含み損になります。
この含み損が拡大すると余剰金を減らすことになりますので、そこで証拠金を割り込んだ場合には、強制ロスカットの対象になってしまいます。
強制ロスカットが発動するとポジションが勝手に決済されてしまうので、証拠金を割り込まない程度のポジション調節が必要です。

FXトレードロット

1取引における、理想の取引ロット数はいくら?

例えばドル円を10万円で取引する場合に、余裕を持って売買ができるポジション量は、”取引に精神的な面での影響が出ない程度”の量が適正です。

1万通貨ポジションを持った場合、100pips変動すると1万円資本金が増減します。
10万円しか預けていないのに、1回の取引で1万円負けるのは精神的にどおでしょう?
きつくないですか?きついと感じたらロットを下げてください。

5000通貨なら100pipsで5000円の増減です。
3000通貨なら100pipsで3000円の増減です。
“自分が耐えられる損益の変動”を見極めることが大事です!
取引ロット数を少なくすればするほど心に余裕を持った取引ができ、相場を客観的に見られますので。

 

>>次のページは
FXトレードのPIPs(ピプス)とは?PIPsを知ればFX初心者でも勝てるようになる

コメントを残す