MT4の時間足とは何?時間足を制するものが相場で勝てるようになる最速の方法

あなたは何分足トレーダーですか?

え?どういうことですか??と、

この質問に答えられない方は、まだまだFX初心者ですね!

この何分足というのは、チャートに表示する時間足のことです。

FXトレードでは、この時間足を理解し状況により使いこなすことで

勝てるトレーダーになれますので、しっかりと時間足について学んでいきましょう。

FXチャートの時間足・何分足

今回の記事のテーマはチャートの”時間足”について。
時間足の基本的なことをサラッと解説して、複数ある時間足をどう活用すれば”相場の姿”を捉えることができるようになるのかを、少し説明します。

見る時間足によって、相場の流れの捉え方が変わってきますので、ここは意外に重要な内容かもしれません。ぜひ参考にしてください。

FXチャートの時間足の種類

時間足とは、チャートをいじったことがある人は知っているっているとは思いますが、1分足、30分足、1時間足、日足、月足といった、時間ごとのチャートのことです。

1分足なら、ローソク足1本が1分間。
30分足なら1本で30分間を表現しています。


この画像は、同じタイミングでスクショを取ったものを並べています。
1分足のような短時間足は、直近の値動きをとらえるのに使えて、30分足のような長時間足は、相場の全体像を把握するのに使えます。

時間足が変わると相場の見え方が変わる!?

例えば時間足が1分足から1時間足に変わると、全体的な方向の見え方が逆になることもあります。
1時間足で見ると相場が弱気な感じなのに、1分足で見ると強気に見えるケース。

1時間足全体の雰囲気では、調整過程の中、1分足では高止まりしているような状態に見えると思います。
順張りトレーダーなら、1分足を見ると”買い”でエントリーしたくなりますが、1時間足の方で見ると調整中なので”売り”で入りたくなるかもしれません。

では、どっちの時間足を参考にすればいいのでしょうか?

複数時間足をどう活用すればいいのか?

チャートの時間足の傾向としては、長時間足が短時間足を支配します。
1分足よりも5分足、30分足よりも1時間足といったように、時間足の期間が長い方が、多くのトレーダーが監視している分、相場の流れやチャートポイントを支配しやすいです。
例えば、1分足で強気でも、1時間足が弱気な感じのチャートなら、そのうち弱気相場に回帰していくようなことが多いということ。

長期足で下落相場の最中に、1分足で少々反発があったとしても、その場合”買い”で利益を伸ばすのが難しくなります。
ですが、長時間足で全体相場を見ていれば、「ああ、これは大局で下げている最中だな」と気づけて、”売り側”に回ることもできるでしょう。

ですからチャートを監視する時には、1つの時間足のみを見るのではなく、日足や1時間足などの長時間足も同時に表示させて、相場全体の様子を確認した方がいいというのが私の考えです。

コメントを残す