初心者がトレードで勝つために絶対勉強するべき3大要素

laptop-1071779_640
 

FXについて勉強していますか?

もし、勝てるFXトレーダーになりFXでお金を稼いでいきたい場合は、

しっかりと勉強することでトレードも上手になり、

経済的自由や時間的自由を手に入れられるFXトレーダーになることができます。

FXは勘を頼りにするギャンブルではない

何も知らずに、勘だけを頼りにするFXトレードは危険ですし

長くは続きません。

FXは上がるか下がるかといった、ギャンブルではありません。

やはり、FXで利益を出すためには

トレードについての勉強や研究は欠かせないと言えます。

しかも、FXの勉強や学習は初心者だけでなく、

既に取引をしている経験者も、勝ち続けるには常に勉強をする必要があるのです。


FXで勉強するべき3大要素

では、どのような勉強をすれば効率的に身につくのでしょうか。

まず、これは覚えておくべきという3大要素をご紹介すると、


  • ローソク足
  • チャート形状、チャートパターン
  • 相場の方向性

まずは、この3大要素を身につけると、

勝てるトレーダーへと変貌を遂げられます。


ローソク足

チャートを見ると、ラインチャートやバーチャートなどもありますが、

日本人トレーダーにとって一番馴染みがあり、基本になっているのが

ローソク足チャートです。

「ローソク足」という言葉は聞いたことがるから知ってるよ!という方は多いと思いますが、このローソク足のひとつ一つの形状にも深い意味があり、相場の状況を克明に表してくれる大事なサインになっています。

長さや、大きさ、色、勢い、など、このローソク足の動きを見れば見るほど、

相場の意思や世界中のトレーダーの心理が反映され、それがチャートに映し出されます。

トレーダーであれば、このローソクの意味を知っておくと、トレードの質が高まり、そして勝ちトレードも増えてきます。

ローソク足については下記で学習できますので、ぜひローソクの楽しさを知ってトレードをさらに楽しくしていただければと思います。

http://fx-ume.com/candle/

チャート形状・チャートパターン

FXトレードで絶対に外せないのがチャート形状・チャートパターンです。

どういうことかというと、一見複雑に見えるチャートですが、

ある程度の法則に則ってチャートが作られています。

簡単にいうと、上昇する時は、一回調整して下がってから再び上がるとか、

波のように上がっては下がり、下がっては上がる、というような法則があります。

これを知るだけで、次の相場はこうなる可能性があるな、といくつもパターンを想定することができ、当てずっぽうのギャンブルトレードではなく、理論的に確率を高くしていくことが可能になります。

勝っているトレーダーは例外なくこのチャートパターンを把握しておりますので、

まずは、どんな形があるのかを知るとこで勝てるトレーダーへと近づいていきます。

基本のチャートパターンは下記で学べますので、参考にしていただければと思います。

http://fx-ume.com/chart/

相場の方向性

相場の方向性とは、今の相場が上昇なのか、下落なのか、レンジなのかというどっちを向いているのかを把握することです。

簡単にいうと、上にいくのか、下にいくのか、横なのかということですが、

そんなの簡単じゃないですか!と思われるか方は、FX初心者です!

か、もしくわ、本当の上級者です。

この相場の方向性を的確につかめるようになれば、それは勝てるトレーダーになります。

しかし、みんなこの相場の方向性をつかむことができないから、負けてしまうのです。

FX初心者の方は誰もが経験することですが、自分がエントリーした瞬間に逆方向に動いてしまい、このFX証券会社は、自分を負けさせようとして仕組んでやがる!!と思うはずです。

私もそうでした。エントリーするたびに逆にいき、なんでこうなるの‥と毎回涙を流して嘆いていました。

しかし、それはFX証券会社が仕組んでいるのではありません。

相場の方向性がわかっていない、もしくわ、そもそも相場の方向性の存在すら知らないという状態です。

これが勝てない原因です。

まずは、相場にも方向性があるんだということを認識するところからスタートしましょう。

9:トレンドの種類



以上が、FXトレードを行う上で勉強するべき3大要素になります。

この3大要素を知っているか、知らないかだけでもトレードのスキルは天地ほど変わり、入ってくる勝ちの金額も莫大に変わってきますので、しっかりと身につけて経済的自由を手に入れるトレーダーになっていただければと思います。

 

それでは、FXトレードを楽しんでいきましょう!

コメントを残す