FX初心者に鉄板の高勝率トレンド上昇後の押し目買いチャートパターン

こんばんは、FX−UMEです(^_^)

いつもありがとうございます。

今回もリアルトレードをお届けします。

トレンド上昇後の押し目買いをしたトレードです。

1004-2-1

トレード結果

2016年10月4日(火)
USD/JPY 1分足
15時00分頃 102.093/1ロット/買いエントリー
15時10分頃 102.151/1ロット/追加買いエントリー
16時00分頃 102.337で決済
結果:約+24pips/43,000円の利益

※チャートが日本時間ではないので、時間はだいたいです。次からは日本時間もちゃんと確認しておきます。

私が使用している口座はこちら


追証なしのNDD(ノン・ディーリングシステム)だから
レバレッジ888倍で安心してトレードができます。
ウサインボルトとパートナーシップ契約をした証券口座。

1004-2-2

上昇トレンドの調整・押し目買い

上昇トレンドが一服し、押し目で上がっていくと思われた場面ですが、

再び強い陰線をつけて調整されました。

ですが、上昇サポートラインにぶつかったところで、

1004-2-3
一度下ヒゲを作り、二回目の下ヒゲも作りダブルボトムを形成し、
下落の動きは止まったと判断し、再び上昇を始めるブレイクで
1ロット買いエントリー。

1004-2-4

その後、小さな押し目をつけ、再び上昇高値更新するところで、
買いの勢いが強いと判断したので、追加の1ロット買いエントリー。

1004-2-5

約一時間後、上昇した後一度押し目を作ったところで、
ストップロスを押し目の少し下に移動し、高値ブレイクするかどうか
上昇の勢いを観察。

ですが、日足や4時間足など
直近のレジスタンスラインなども確認し、ブレイクは厳しいと判断し
欲はかかずに利益確定の決済。

1004-2-1

結果:約+24pips/43,000円の利益を獲得できました。

今回のトレードも、基本的に、
レジスタンスライン、サポートライン、トレンドライン、
高勝率チャート基本形講座でお伝えしていることが
基本になっています。

高勝率チャート基本形 3「レンジブレイク後の押し目買い レジスタンスラインまで戻らず上昇」



 

それでは、また次回も楽しみにして頂ければと思います。


コメントを残す