トレードのPIPs(ピプス)とは?PIPsを知ればFX初心者でも勝てるようになる

fxトレードPIPsとは

PIPs(ピプス)というFXトレードにおける基本であり、理解していないと勝てるようにならない大事な言葉について解説します。

よくFX関係のブログを拝見すると「本日の取引 +20PIPs」という表現をされている方がいます。
このPIPs(ピプス)とはなんなのでしょうか?

FXトレードのPIPs(ピプス)とは?

PIPsは値動きのことです。
例えば、USD/JPYやEUR/JPYなどのクロス円通貨だと、1銭単位で値動きをしますので、1PIPs=1銭ということになります。

+20PIPsというのは、FXの値動きの中から20銭分を獲得したという意味ですね。
そうするとポジションサイズが1万通貨だった場合、20PIPsだと20銭×1万通貨=2000円(1万通貨は1銭の値動きで100円)の利益を得たことになります。

1PIPsの重みが変わるポジションサイズ

1PIPsの重みは、ポジションのサイズによって変わります。
例えば、1000通貨を保有した時に1PIPs為替が変動しても、資本金の増減はたったの10円です。
しかし、10万通貨保有していた場合だと、1PIPs変動すると資本金が1000円増減することになります。

100PIPs動くと資本金の額が10万円変動します。
取引資本金が多くなればなるほど、1PIPsの重みが増すことになるのです。

FXトレードの見えない手数料

資本金が増えて1PIPsの重みも増した時に、気にしないといけないのが”手数料”です。

「え!?手数料って無料じゃないの?」と、思っている人もいるかもしれませんが、実は見えない手数料が1取引ごとに徴収されています。
その見えない手数料とは、為替レートの「買値」と「売値」の差額である”スプレッド”と呼ばれるものです。

まずは次の画像をご覧ください。

fxトレードPIPsとは
画像を見てもらえれば分かるように、為替レートの買値と売値の間には差額が生じていますね。
この差額が、毎回の取引ごとに業者に支払っている手数料です。

取引ごとなので新規取引と決済取引を往復です。
スキャルピングのように取引回数が多くなれば、スプレッド手数料はどんどんかさんでいくことになります。

fxトレードPIPsとは

1PIPsを大事にした取引をしよう!

エントリーの方法として、”成行”という取引手段があります。

成行は、値段を指定せず決済する方法のこと。
値段を指定しない分、想定よりも損な取引になることが多いです。
通常の成行売買は、買いなら数PIPs高く、売りなら数PIPs分低いレートで約定することがほとんどなので、積み重なると結構な負担になるでしょう。

fxトレードPIPsとは

PIPs(ピプス)の少ない低スプレッド口座がお得という幻想

国内の証券口座だと低スプレッドを売りにしていることが多いのですが、スプレッドが低いから(少ない)からといって、私たちトレーダーは喜んではいけません。

提示されているスプレッドは、常時そのスプレッドなのではなく、平均であったり一番少ない時のスプレッド幅を広告文として使っています。

通常の相場では良いですが、経済指標など材料発表時の混乱に便乗して、トレーダーにバレないようにスプレッド幅を操作し、ストップ狩りをしたり、トレーダーの不利になる値段で約定させたりという、証券会社の利益になることを行っているということを忘れてはいけません。

 

私は、スプレッドについてはあまり気にしていません。

使っている口座はXMなので、ドル円でもスプレッドが2PIPS程度あります。

しかし2PIPSスプレッド幅があるからといって、稼げないということはなく、相場の方向性をつかみ、勝ちやすいところに絞ってトレードを行えば、スプレッドの2PIPSなんてすぐに含み益に変わり、スプレッドを気にすることなく勝つことができます。

スプレッドをいにしているうちは、FX初心者から抜け出すことはできません。

なんでスプレッド幅の広いXMなんて使っているんですか?と質問をいただきますが、XMはスプレッドで収益を得るスタイルなので、国内業者のように不正な値動き操作をすることもないので、私たちトレーダーは安心してトレードすることができます。

また、888倍のハイレバレッジは、うまく使いこなすと最強の稼げるツールになりますので、大きな稼ぎを狙っていくには使わない手はありません。

以上のようにスプレッドが安いからといって、国内証券会社が安全な訳でもありませんし、スプレッドが広いから損だということでもありません。

ご自身のトレードの目的やチャートの使いやすさ、入出金のし易さ速さ、その他ボーナスやサポート体制など、いろいろな面から見て証券口座を検討すると良いでしょう。

私が使用しているXMは、私の中では最高の口座です。

 

それでは、今回はPIPs(ピプス)についてお話ししてきましたので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 

>>次のページは
FX初心者が一番気をつけないと破産するポジポジ病。FXトレードのポジションとは?

コメントを残す