8:通貨ペアを選ぶ

FXおすすめ通貨ペア

通貨ペアの種類

FXでトレードできる通貨ペアは様々な組み合わせで何十種類もあります。

主要な通貨ペアだけでもこれだけあります。

FX通貨ペア

引用:http://fx.dmm.com/fx/service/spread/

※上記スプレッドは、2014年12月1日マーケットオープン~2014年12月31日マーケットクローズにおける配信率です。(2015年1月5日DMM.com証券調べ)

※この配信率は過去の実績であり将来の数値を保証するものではありません。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
これだけあったら、どれを選べば良いか分かりませんね。

 オススメの通貨ペア

ずばり、FX初心者の方にオススメの通貨ペアは、ドル円とユーロドルです。

実際に私もこの2つの通貨ペアでトレードをしています。
USDJPYドル円 米ドル/円(USD/JPY)
EURUSDユーロドル ユーロ/米ドル(EUR/USD)
テレビニュースでも「東京外国為替の円相場は1ドル○○円です」と言う言葉を良く耳にすると思います。日本人にとって一番身近な通貨ペアがドル円です。

オススメの理由

この表は2013年の外国為替のシェア率を表した表です。

世界で流通している通貨の割合を示したものですが、トップ3がアメリカドル、ユーロ、日本円になっています。

FX通貨シェア引用:wikipedia

これはどういう事かというと、世界で取引量の多いメジャー通貨の3通貨を扱うことで、他の通貨ペアよりも突発的な投機的な動きになりにくく、チャートの形ががキレイになりやすいというのが特徴です。

当ブログで紹介しているFXトレード手法は、チャートの形を見てトレードをする手法になりますので、チャートの形がキレイで分かりやすいということが非常に大事になりますので、上位3通貨を使用しています。

ポンドドルなどは動く値幅が比較的大きく、それだけ利益も多く取れるので人気の通貨ペアですが、初心者が扱うには負ける確率も非常に高くなりますので、ドル円、ユーロドルで相場に慣れてからでも遅くはありません。

 

ドル円は比較的レンジ相場になることが多く、ユーロドルはトレンド相場になりやすいという特徴があります。それぞれに通貨の特徴を確認しながらトレードすることが大事になります。

 

FX初心者の方は、わざわざ負けやすい、分かりにくいチャートになりやすい通貨ペアでトレードするメリットはありませんので、ぜひドル円、ユーロドルでトレードすることをオススメします。

 

ステップ9へ進む ↓

9:トレンドの種類


実際のトレード動画を見てみる ↓

FXトレード動画 逆張りで簡単に利益を抜きとるスキャルピング手法 #1







 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

コメントを残す