FXチャートパターン

ヘッドアンドショルダー(三尊)天井転換のチャートパターン必勝法

ヘッドアンドショルダー 三尊

三尊で有名な天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」についてお話していきます。上昇トレンドの終盤、高値で止められレンジか下落トレンドへ転換する時に出現するチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダーを認識できるようになることで、上昇トレンドの終わりと判断することができ、ロングを持っている場合は利益確定、ショートを仕掛ける際のエントリーポイントの指標として使うことができます。

天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」

ヘッドアンドショルダーとは、相場が3つの山を形成した後に下落するチャートパターンで、相場が天井圏を形成するときに頻繁に出現するチャートパターンです。山の真ん中が一番高くなることから、人の頭と両肩に見えることからヘッドアンドショルダーと呼ばれます。

FXチャートパターン ヘッドアンドショルダー

上昇トレンドの終盤、①でブレイクアウトで1回目の高値更新を行い、②で押し目を作り再び上昇、③の2回目の高値更新幅が少なくなり下落、⑤の3回目の上昇では高値更新できずに下落、⑥のネックラインをブレイクダウンし、大きな下落をしていくヘッドアンドショルダーを形成し、トレンド転換する典型チャートパターンです。⑥のネックラインを割るところで売りエントリーを仕掛けるのがセオリーです。

「関連記事」

天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」②

FXチャートパターン ヘッドアンドショルダー

レンジをブレイクし上昇を試すが、ヘッドアンドショルダーを形成しトレンド転換するチャートパターン。今回のように、谷となる安値の位置が合わない場合も多くありますので、必ず3つの山2つの谷がキレイな形になるとは思わないで、

抽象的に見て、3つの山2つの谷ができればヘッドアンドショルダーの形だと認識しましょう。

天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」③

FXチャートパターン ヘッドアンドショルダー

上昇トレンドの終盤、ヘッドアンドショルダーを形成しレンジに変わる場面。下落相場へとトレンド転換するのではなく、上昇トレンドの終了を確認できるチャートパターン。この後は、調整して再び上昇を試すのか、トレンド転換して下落していくのかを見極めなければならない場面です。

天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」④

FXチャートパターン ヘッドアンドショルダー

緩やかなレンジ相場の終盤、ブレイクアウトして上昇を試すが、ヘッドアンドショルダーを形成し下落トレンド転換するチャートパターン。このように、高値を大きく更新した後には、それだけ大きな利益確定の売りや逆張りの売りが入り、買い勢力の損切りを巻き込むことによって、大きく下落トレンド転換することがよくあります。今回は、ヘッドアンドショルダーを形成した場面がフェイクになり、大きく下落転換した場面でした。

よくある形ですので、ブレイクしたと思って飛び乗って高値掴みしないように注意しましょう。ヘッドアンドショルダーを形成した場面で、トレンドラインを引くことでトレンドが下落方向だと認識できます。

天井転換パターン「ヘッドアンドショルダー」⑤

FXチャートパターン ヘッドアンドショルダー

下落トレンドの中盤、調整上昇の場面でヘッドアンドショルダーを形成し、下落続行を示した場面。ヘッドアンドショルダーは必ず高値更新の時、高値圏にだけ出るのではなく、こうした中盤相場でもよく出現します。特に1分足など値動きが多いチャートでは、よく出現しますのでしっかりとチェックしましょう。

以上が、ヘッドアンドショルダーのチャートパターンでした。

1分足、5分足、15分足、1時間足など、時間軸、通貨に関わらず

チャートパターンは同じですので、必ず覚えるようにしましょう。

「関連記事」