FXチャートパターン

ダブルトップ(Wトップ)トレンド転換のチャートパターン必勝法

ダブルトップ(Wトップ)

「ダブルトップ」天井転換パターンについてお話していきます。

ダブルトップとは、相場が2つの山を形成した後に下落するチャートパターンで、相場が天井圏を形成するときに頻繁に出現するチャートパターンです。

ダブルトップを認識できるようになることで、上昇トレンドの終わりを認識し、ロングの利益確定、ショートのエントリーポイントとして使えるようになります。

天井転換パターン「ダブルトップ」

wtop_2

②のポイントで下値が支えられサポートライン形成し、再び上昇する。①の前回高値がレジスタンスライン(抵抗線)になり、③で抑えられ売りの意識が強まるために高値更新しづらく、2番天井になりやすい。②で形成されたサポートラインは「ネックライン」と呼ばれ④を下回った場合に、大きな下落になる可能性があり、一旦の調整局面、トレンド転換を示唆します。買いポジションを持っている場合は、利益確定ポイント、または、新規売りエントリーを狙う場面になります。

その他のダブルトップのチャートパターンを見ていきましょう。形を覚えると、実際のトレードの時にチャートを簡単に把握できるようになります。

「関連記事」

天井転換パターン「ダブルトップ」②

wtop_3

材料で上昇した後に、ダブルトップのチャートパターンを作り下落をしていくパターンです。2回目の山が、前回高値を更新できずに上昇圧力が弱いことことがわかります。そして、大陰線でネックラインを突破し下落が始まりました。

天井転換パターン「ダブルトップ」③

ダブルトップ FXチャートパターン

なだらかなレンジ相場の後、ブレイクアウトして上昇。しかし、ダブルトップのチャートパターンを形成し反転下落。この上昇がダマシとなり、上昇圧力以上の下落になるパターンです。ネックラインを割ったところで売りエントリー、または、レンジのサポートラインを割ったところで売りエントリーが考えられます。

天井転換パターン「ダブルトップ」④

ダブルトップ FXチャートパターン

レンジの後に上値を試すが、ダブルトップのチャートパターンを形成し下落。しかし、ダブルトップの後にすぐに下落するのではなく、ネックラインで一旦小さな反発をして、揉んでから、徐々に下落していくパターン。2点目の高値からトレンドラインを引き、トレンドラインがレジスタンスとして機能しているのを見れば、上昇が終わり下落トレンドに転換していることが認識できます。

天井転換パターン「ダブルトップ」⑤

ダブルトップ FXチャートパターン

大きな上昇トレンドの終焉を表すダブルトップのチャートパターン。トレンドラインに沿って、順調な上昇を続けている中、天井でダブルトップを形成。と同時にトレンドライン割れをしたので、買いエントリーの利食いを検討する場面。2回目の山の後、陰線が3本続き、4本目で大陰線を出しネックライン割れしたところで利益確定の場面。一旦の調整局面の可能性が高く、再び上昇を始める可能性も高いので、売りエントリーする場合は、ロットを抑えて短く狙うのが良いでしょう。

以上が、ダブルトップのチャートパターンでした。

1分足、5分足、15分足、1時間足など、時間軸、通貨に関わらず

チャートパターンは同じですので、必ず覚えるようにしましょう。

「関連記事」