FXチャートパターン「上昇フラッグ」保ち合いチャートパターン必勝法

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

こんばんは、FX−UMEです(^_^)

いつもありがとうございます。

今回のチャートパターンは、

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

についてお話していきます。

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

bull_flag1

上昇フラッグとは、上昇後に、高値安値を切り下げながら、

斜めにボックスを作りながら下がっていき、最終的には上放れするチャートパターンです。

旗の形に似ているために「フラッグ」と呼ばれています。

 

レジスタンスラインをブレイクアウトしたところが

買いエントリーポイントになります。

上昇トレンドの時には、連続して出現することもあります。

 

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」②

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

ドル円の15分足。

上昇トレンドの中断保ちあいのレンジからブレイクアウトし、

上昇フラッグを何回か作りながら、上昇トレンドを形成していくチャートパターン。

 

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」③

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

ドル円の15分足。

下降トレンドからのトレンド転換点。

小さな上昇フラッグを作りながら上値を試し、上放れしたチャートパターン。

 

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」④

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

ドル円の15分足。

長い時間をかけて形成された上昇フラッグの後に、

大きなブレイクアウトをするチャートパターン。

このように、保ち合いの時間が長い場合それだけ売り買いのパワーが蓄積されていきますので

ブレイクした時に大きく伸びるのが特徴です。

 

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」⑤

保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」

ドル円の15分足。

小さな上昇フラッグでトレンドが発生し、

大きなトレンドを形成して行くチャートパターン。

急騰後の調整時間が長い上昇フラッグを見つけたら、

大きく伸びる可能性が高いので、焦らず、じっくり待つと大きく取れるでしょう。

 

以上が、保ち合いチャートパターン「上昇フラッグ」でした。

1分足、5分足、15分足、1時間足など、時間軸、通貨に関わらず

チャートパターンは同じですので、必ず覚えるようにしましょう。

コメントを残す