トランプ政権の混乱、政策人事の停滞でドル円相場はどこまでドル安円高に?

0801 ドル円相場

ドル円109円を目指すドル安円高の展開

トランプ政権が混乱しているにも関わらず、

ダウは最高値を更新していますが、何がおきているのでしょうか?

その背景には、原油価格の50ドル代回復や住宅関連の指標を材料に支えられてダウは最高値を更新しています。

為替相場ではユーロに対してドルをうる動きが見られ、ユーロ高が進んでいます。

アメリカホワイトハウスの広報部長の解任報道も重しになり、北朝鮮の地政学リスクも増している今、ドル円も109円を目指すドル安円高の展開になってきました。

アメリカ株の8月は荒れ相場になる?

アメリカの株式相場で8月、9月は荒れるという統計がでています。

有名なリーマンショックも2008年9月におきており、アメリカ相場の中では

9月が悪いのは分かっているから、夏休みに入る8月に手仕舞いしておこうというような心理が働いているようです。

これは為替相場にももちろん影響がありますので、荒れるかもしれないということと、逆に夏休みで動きにくいという両方の可能性を含めて相場に向き合う必要があります。

 

コメントを残す